Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:初心者用


<<今話題の記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!



*スポンサードリンク*





お知らせ

1.安い!安すぎます!現在楽天モバイルでは 高性能&格安スマホを
最大97%オフで買える冬の特価セール実施中です。 対象端末は
Huawei Mate 9Zenfone 3P9 LiteP8 LiteLiquid Z530
Honor 8Zenfone 2 LaserZenfone 2Zenfone Max等です。

2.海外SIMフリー端末を専門的に扱うエクスパンシスでは
MOTO Zスペシャルセールを行っています。
V20Mate 9OnePlus 3Zenfone 3/UltraGalaxy S7 Edge等も販売中です。

3.ソフトバンクへの乗り換えでどこよりも高い キャッシュバックが貰える
おとくケータイ.netには Xperia XZXperia X PerformanceNexus 6P等の新端末、
そして「あの話題の端末」などが続々入荷中です。

4.U-mobileでは最大2ヶ月無料トライアル実施中です。

5.UQモバイルではぴったり/たっぷりプランの契約で
Zenfone 3/Laser/Ultra等の端末代を最大1万円引きとなります。

6.Nifmoでは音声通話対応タイプ/10GBプランのお申込みで
15,000円キャッシュバックとなります。

7.BIGLOBEでは音声通話SIM「ライトSプラン」又は「12ギガプラン」 お申込みで
プラン月額料金が6ヶ月間値引きされます。

8.エキサイトモバイルでは特典対象プランのお申込みで
最大28,000円キャッシュバックが貰えます。

9.楽天カードに楽天ポイント機能がつきました。



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

Acerはスマートフォン業界では無名に近いですが、
パソコン業界では超メジャーな企業です。
パソコンに詳しい人なら台湾企業であるAcerの
名を少なくとも一度は聞いたことがあるでしょう。
そんなAcerがミッドレンジ型端末であるLiquid Z530を
発売しました。ローエンド型であるZ200に続く
2機種目となりますが、一体どんなデバイスなのでしょう?
これから詳しく探ってみます。
(ちなみにAcerはほぼ同時期にLiquid Z330
発売しています。)

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 
CPU:MediaTek MT6735 1.3GHzクアッドコアプロセッサー
OS:Android 5.1 Lollipop(アンドロイド5.1ロリポップ)
ディスプレイ:5インチ型IPS液晶スクリーン(1280*720ドットHD解像度)
面積:144*70.3*8.9mm
重さ(重量・質量):145g
カメラ:800万画素背面カメラ、800万画素前面カメラ
メモリ容量:2GB
ストレージ:16GB
センサー:加速度/照度/近接センサー
SIMサイズ:MicroSIM
外部メモリ:microSD(最大32GB)
バッテリー容量:2420mAh
カラー:ブラック、ホワイト

 

 

 


 


 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:デザイン

 

 
デザインは無難、の一言です。特に高級感があるわけでもなく、
だからといって安っぽくも感じられず、万人受けしそうな
無難なデザインに仕上げられています。
ボタンの配置は上面部に電源ボタンとオーディオ端子、
下面部にマイクロUSBとマイク、右側面にボリューム調整と
いう形になっています。左側面には何もないです。
通常、電源ボタンが上部にあるとウザいと感じる時も
少なくないですが、Liquid Z530はコンパクトな方なので
不便だとは思いませんでした。

 
前面画面に静電容量式ボタンはなく、全てが
オンスクリーンボタンとなっています。
画面の上には前面カメラと受話口、センサーが、
下にはAcerのロゴが見えます。
背面ケースはプラスチック素材です。
背面の真ん中辺りにドーンと再びエイサーロゴが
刻まれています。その上部に背面カメラが、
下部にスピーカーが配置されています。
スピーカーの上にはDTSサウンド技術が適用されたことを
表すマークがあります。
角も背面も丸みを帯びていて、握った時の
フィット感がよく、触り心地も中々です。
スタイリッシュさではメタル金属を
採用したIPHONE6SXPERIA Z5NEXUS 6Pのような
高価端末に及びませんが、持ちやすく、
扱いやすい実用的なデザインだと思います。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 
Acer Liquid Z530は5インチの720p解像度ディスプレイを
装備しています。最近のスマホは殆ど1080pフルHD以上の
画面を搭載しているので、これだけ聞くとがっかりしがちですが、
画素密度が平均以上である294ppiであることは無視できません。
画面は予想以上に綺麗でした。
YOUTUBE動画を鑑賞するには充分でしょう。
(1080Pや2K、4K動画は見られませんが)
このスクリーンの一番のメリットは輝度です。
明るさを最大にすると直射日光の下でも容易に
操作できるくらい高い輝度を誇ります。
さらに自動でコントラストを調整してくれる「Acer LumiFlex」、
タッチパネルとモジュール間の空気層を無くす
「Zero Air Gap」技術が適用されているので
横から見ても色合いが変わりづらく、
AMOLED有機ELパネルでもないのに発色が
鮮やかです。この価格帯にしては大変クオリティの
高いディスプレイと言えるでしょう。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:ソフトウェア

 
Liquid Z530のインターフェースは
Android 5.1 Lollipopをベースとし、
その上にLiquid UIを被せた形ですが、
アイコンのデザインや独自機能の追加以外
インターフェース上に大した変化はみられませんでした。
シンプルなアンドロイド5.1ロリポップのままです。
一部メーカーではアプリドロワーを削除、
アプリをホーム画面に並べてiOSに近いUIにしていますが、
Liquid UIはちゃんとアプリドロワーがあるので
GALAXY S6やXPERIA Z5などの既存アンドロイドスマホを
利用してきた人ならすぐに慣れると思います。
追加された独自機能には簡単に操作できるようにしてくれる
イージーモード、子供向けのベーシックモード、
標準であるスタンダードモード、WI-FIでスマートフォンと
パソコンを繋ぐAcer Extend機能などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にAcer Extend機能はパソコンからスマホを、
スマホからパソコンを操作できるというユニークさで
注目されていますが、やや遅延が生じるため
簡単な操作ならまだしも、ゲームプレイとかは
きつそうです。
尚、画面に「C」を描くとカメラアプリが実行し、
「Z」を描くと音楽アプリが立ち上げられる
クイックタッチ機能も備えられています。

 

 

ふむふむ、これは便利ですね。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:性能(パフォーマンス)・ハードウェア

 

 
噂通り、操作感は素晴らしかったです。
MediaTek MT6735プロセッサーとMali-T720 GPU、
2GB RAM、16GBストレージ(32GBまで
マイクロSDカードスロットで拡張可能)という
高いとも低いとも言えない絶妙な(?)スペックですが、
(それでも数多くの格安スマホに内蔵されている
SNAPDRAGON 410よりはパワフルだそうです。)
720Pというあまり高くはないスクリーン解像度のお陰なのか、
タッチパネルの反応も、画面転換も、スクロールも、
ウェブ閲覧も、マルチタスクまでもがサクサクでした。
アプリを転換する時だけはやや引っ掛かりが見られましたが、
それでも値段からは想像できないほどの俊敏さを
見せてくれます。時には値段の2倍以上高いXPERIA Z5を
扱っているような錯覚にさえ陥ってしまいます。

 

 

 

 

 

 
これでゲームパフォーマンスまで高いのが
尚素晴らしい点です。
最新3Dゲームはグラフィック設定の妥協が
必要かもしれませんが、殆どのゲームは
苦もなくこなしてくれます。
ただ、気になるのは画面が5点タッチまでにしか
対応しないこと。5点タッチ以上を使用するゲームは
まだしたことがないのでわかりませんが、
もしするのであればそれは・・・難しいでしょう。
そしてゲームをしていると背面カメラの所が
熱くなります。普段の操作時は大丈夫なんですが・・・。
これはソフトウェアアップデートを通して
改善出来るのでしょうか?気になる部分です。

 

 


 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:カメラ

 

 
Acer Liquid Z530には背面にも、前面にも
800万画素カメラが設置されています。
メインカメラとして800万画素は普通ですが、
サブカメラとしては高い数値です。
よって、Z530はもしかするとZenfone Selfie以上に
自撮りに向いたスマートフォンなのかも知れません。
が、しかし・・・実際の性能はと言うと・・・
まずメインカメラ。予想通り、平凡でした。発色がいまいち。
ぼんやりした印象です。尚、オートフォーカス機能も
ちゃんと作動しない様子でした。
(そんな時は手動で合わせる必要がありました。)
ホワイトバランス、露出などはいい感じで、
自然な光を演出しますが、全体的には
やはり最近のスマホカメラの高精細さとはかけ離れています。
動画もまぁ・・明るい場所ではまずまずですが、
暗い所だと悲惨な結果になります。
手ぶれ補正機能はありますが、少しの揺れにも
著しく動画クオリティが低下します。
前面カメラも画素数は高いのに自然な色合いとは言えません。
ギリギリなんとか自撮りやビデオチャット用として
使えるくらいです。
広角が86度なので撮影範囲が広く、「セルフィー」と言うと
画面に触れることなく前面カメラで撮影できる面白い機能も
ありますが、カメラの性能がこれじゃ大した意味なし。
Liquid Z530のカメラにはあまり期待しない方が良さそうです。

 

 

 


 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:バッテリー

 

 
Acer Liquid Z530には2420mAh容量バッテリーが
内蔵されています。
これは720p画面にしては充分な容量です。
実際のバッテリー寿命もライトユーザーなら
約1日~1日半耐えてくれるはず。
特に待機モード時にバッテリー残量が殆ど
減らないのが印象的でした。もし30%以下になった場合は
省電力モードを活用するのも良いでしょう。普段より
約2~3時間ほどバッテリー駆動時間を延ばしてくれます。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:スピーカー

 

 
Acer Liquid Z530には映画館にも採用されている
DTS Studio Soundテクノロジーが採用され、
立体感のあるクリアな3Dサウンドとともに、
深みのある重低音を紡ぎ出す・・はず・・・
だったのですが、実際に聞いてみると悪いとも
思えませんが、大して良いとも思えませんでした。
それにモノラル(シングル)スピーカーですからね。
所詮モノラルはモノラル。頑張ってもシングルは
ダブルにはなれないんですよ!(なぜか鬱憤)
高音も低音も雑音無しで綺麗に届けてくれますが、
宣伝してたような重厚なサウンド、臨場感は
味わえませんでした。
ま、それでもスマホのスピーカーにしては
上々な出来だと思います。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:価格(値段)・販売先

 

 
現在Liquid Z530は2万円台前半という価格帯となっています。
MVNOの中でLiquid Z530をセット販売しているのは
DMMモバイルのみです。
SIMフリー端末やアクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

もしDMMモバイルのセット販売を利用せず、
SIMフリー端末を買って直接MVNO会社と
契約したい場合、できればドコモ回線を利用している
MVNO会社と契約することをおすすめします。
なぜならLiquid Z530はドコモがサポートする
LTE B1/ B3/ B19だけでなく、B21という比較的
閑散なバンドにまで対応しているからです。
ドコモネットワークにフル対応。これはいい。
よってドコモ回線を利用すれば快適な
ネットワーク環境を楽しめると思います。

 

 

 

Acer Liquid Z530レビュー感想評価評判:結論

 

 
Acer Liquid Z530をレビューしながら思ったのは
この製品がスマホ入門者にはピッタリの製品だと
いうことです。綺麗な画面、シンプルで使いやすいUI、
コンパクトなデザイン、サクサクした動作、
悪くないゲーム性能、無難なサウンド。
スマートフォンとやらが何なのかを
体験したい初心者に丁度良い機種でしょう。
なにより、価格や安いですからねぇ・・・。
でも、格安スマホの弱点とも言えるカメラ性能は
例に漏れずしょぼいです。720P画面は物足りないという
ユーザーも少なくないでしょうし。
カメラ性能や高精細ディスプレイを重視するなら
IPHONE6S PLUSXPERIA Z5NEXUS 6PLG V10の方を
探ってみた方がよろしいかと・・。






*スポンサードリンク*







最新記事

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





格安スマホ&ガジェット情報

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!

2017年発売!Samsung Galaxy S8/Edgeの最新情報をまとめました!

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

iPhone7 Plus:迷う必要なし

iPhone7:かっちょいいけど

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPhone SE : 4インチ最強

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

2016年に発売予定のスマホ,タブレット,パソコンは?

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

MICROSOFT SURFACE PRO 4:ペコペコ

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

IPAD MINI 4:確かなアップグレード

IPHONE 6S / IPHONE 6S PLUS:地球代表!

LENOVO YOGA TABLET 2:格安なのに高クオリティ

ASUS ZENFONE 2 LASER:レーザービーム!

KINDLE PAPERWHITE 2015レビュー

HUAWEI P8Lite:惜しい!

MICROSOFT SURFACE 3 :遂に使えるようになった!

ASUS MEMO PAD 7(ME572CL)LTE SIMフリー版:さらばNEXUS7(ネクサス7)!

ASUS ZENFONE2(ゼンフォン2):最強伝説

ASCEND MATE 7:超おすすめ6インチ型スマホ!

ASUS ZENFONE5(ゼンフォン5):コスパの王様!

LG G2 MINI(G2ミニ)D620J:ミニなのにミニじゃない!

Huawei Ascend G620S(アセンドG620S):無難な格安スマホ

LG G3 BEAT:モタモタしてちゃダメ!

Huawei Ascend G6(アセンドG6):残念なディスプレイ

ZTE BLADE VEC 4G:コスパの女王様!でも唯一の弱点は・・・

Huawei MediaPad M1 8.0 LTE(メディアパッドM1):悪くはないけど・・

NEXUS5(ネクサス5):アンドロイド代表スマホ。全てを許します!

NEXUS7(ネクサス7)2013新型:完璧に近いタブレット。なのにこの値段は・・





カテゴリー: 全体記事, ACER タグ: , , , , , , パーマリンク