Zenfone Maxレビュー(ゼンフォンマックス)感想評価評判(SIMフリー):上には上が

 

最近のスマートフォンは目覚ましい発展を
遂げていますが、一つだけその発展速度についていってない
部門があります。それはバッテリーです。
ハードウェアも、ソフトウェアも、初代iPhoneが出た頃とは
比べ物にならないのに、バッテリーだけがほぼ同じ状態。
ソフトウェアやハードウェアをなんとか工夫して
少しずつバッテリー駆動時間を延ばしているのが現状です。
いくら素晴らしいスペックを揃えているとしても、
バッテリー寿命が短いんじゃ甚だ話になりません。
パソコンみたいに常にコードを繋げておくわけにも
いきませんし。
そんな中現れたのが台湾企業、Asusが開発した
Zenfone Max(ゼンフォンマックス)です。
そのターゲット層は明らか。バッテリーを充電するのが
面倒臭くて仕方がない、という人向けです。
果たしてどんなデバイスなのでしょうか?
これから調べてみます。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):スペック(仕様)

 

 

 

CPU:Qualcomm Snapdragon 410(クアルコム・スナップドラゴン410)プロセッサー
ディスプレイ:5.5インチ型IPSディスプレイ(1280*720ドットHD解像度)
OS:Android 5.0(アンドロイド5.0)
カラバリ(カラーバリエーション):ブラック、ホワイト
面積:156*77.5*5.2mm~10.55mm
重さ(重量・質量):202g
GPU:Adreno 306
メモリ容量:2GB LPDDR3 RAM
ストレージ:eMMC 16GB(5GB ASUSウェブストレージ永久無料)
バッテリー:5000mAh容量
カメラ:1300万画素背面カメラ、500万画素前面カメラ

 

 

 

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):デザイン

 

 

 

Zenfone Maxのデザインは良くも悪くもZenfoneらしいです。
今まで紹介したZenfone 2Zenfone 2 Laser
Zenfone SelfieZenfone 5等と大して変わりません。
ケース素材はメタルのようですが、実はプラスチックです。
背面は革のようですが、これも実はプラスチック。
マッテ加工が施されており、カバーは外すことができます。
(外すとmicroSDカードスロットと2基の
SIMカードスロットが現れます。)
色々工夫をしたためか、プラスチックな割には
安っぽく感じられません。
重さ(重量・質量)はなんと202g。大容量バッテリーを
内蔵しているので仕方ない、といったら仕方ないのですが。
厚さも10.5mmで最新フォンにしては厚い方です。
つまり・・・デカイということです。見た目も、
握った感触もデカイです。
けど、マッテ加工されているせいかフィット感は
中々です。表面は触り心地が非常によく、扱いやすいし、
意外と片手での操作もいけたりします。
(自分の手は普通よりはやや大きい方ですけども・・・
女性にはちょっときついかな・・?)
ボタンの配置は音量調整ボタンと電源ボタンが右側面、
上部にヘッドホンジャック、下部にマイクロUSBポートとなっており、
前面部のディスプレイの下にはバック、ホームとマルチタスクボタンが、
背面部にはシングルスピーカーが装着されています。
ボタンはプラスチックなのに見た目も押した時の感触も
しっかりしています。
全体的な製品の完成度はプレミアム製品とまではいきませんが、
格安スマホとしては悪くない出来だと思います。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):ディスプレイ

 

 

 

Zenfone Maxの画面サイズは5.5インチで、解像度は
1280*720ドットのHD画質です。
5.5インチ画面にHD画質・・・最近のプレミアムスマホは
殆どフルHD以上なので、それと比べると決して解像度が
高い方とは言えませんが、普通にネットしたり、
電話をかけたり、メッセージをみたり、
ゲームしたりする分には悪くないディスプレイです。
若干黄色いトーンがかかっているので全体的に
温かい印象を与えます。
輝度は自動設定(デフォルト)にしておくとやや暗めなので
最大に設定しておく必要があります。(後ほど説明しますが
バッテリーの心配をする必要はありません。)
視野角もまぁまぁ悪くない感じです。
全体的によくも悪くもない普通のディスプレイだと
思いますが、輝度が低いためか明るい野外では
文字が読みづらいのが気になりますね・・。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):ソフトウェア

 

 

 

ゼンホンマックスにインストールされているのは
Android 5.0 Lollipop(アンドロイド5.0ロリポップ)で、
その上に独自のZen UIが被さっています。
従ってゼンフォンマックスのUIはNEXUSシリーズ
NEXUS 5X / NEXUS 6P)に採用されている
純正アンドロイドとは結構違います。
まず主に使われているカラーが違いますし、
スキンが違いますし、アイコンデザインが違いますし、
アニメ効果も異なります。
従ってグーグルが準備した美しさ、シンプルさとは
かけ離れているとも言えますが・・・・。
だからといって悪い、と言ってるわけではありません。
このZen UI、意外に重くないんです。
非常に軽く、スムーズで、使いやすい構成になっています。
さらにカスタマイズ性も高いので自分の好みの
テーマに変えられます。人によっては純正アンドロイドより
こっちの方を好むユーザーもいるでしょう。
ただ、メーカー側のアプリが沢山
プリインストールされている点はいただけないですね。
それに、それらが結構頻繁にアップデートされるので正直
苛立たしいです。上手く活用できる人には全く問題ないと
思いますが・・・。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):性能・機能・特徴

 

 

 

Zenfone MaxにはQualcomm Snapdragon 410(クアルコム・
スナップドラゴン410)プロセッサーとAdreno 360 GPU、
2GB RAMが内蔵されています。ストレージは16GBで、
microSDカードスロットを通して64GBまで容量を
拡張できます。これは・・・格安スマホの典型的な
スペックと言えますね。特にSnapdragon 410プロセッサーは
安価なのに無難なパフォーマンスを見せてくれるので
数多くの格安スマホに採用されています。
そして相変わらずZenfone Maxでも悪くない性能を
見せてくれるのですが・・・
最近、GALAXY S7 / S7 EDGEIPHONE SEみたいな
ハイエンド・高性能スマホを立て続けに
レビューしたばかりに、もうちょっと速ければなぁ・・と
思う瞬間が度々ありました。また、普段ならあまり
気にしないラグに苛立ったりも。
特にアプリを実行したり、閉じる時。
まぁこれも慣れようとすればすぐ慣れるもんですけどね。
ゲームは軽いゲームなら難なくこなしてくれますが
Asphalt 8みたいな重いゲームだとフレーム落ちが見られます。
グラフィック設定の妥協が必要そうです。
電話の送受信、メッセージ、LINE、FACEBOOKみたいな
軽いアプリ、ウェブ閲覧、YOUTUBE動画の再生などは
スムーズでした。
発熱は他の殆どのアンドロイドフォンと同様、
高画質動画をみたり高グラフィックを要求する
ゲームをしている際は少しだけ発生しますが
気になる程ではありません。

 

 

 

シングルスピーカーが奏でるサウンドは
可もなく不可もなく、といった印象です。
音量は十分ですが、上げ過ぎると音のひずみが
聞こえてきます。
通話品質はかなり良かったです。数分の通話でしたが
相手の声が明瞭に聞こえました。全く問題なかったです。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):カメラ

 

 

 

Zenfone MaxのカメラスペックはZenfone 2 Laser
大して変わらないです。デュアルLEDフラッシュが着いた
13メガピクセル背面カメラ(f/2.0)が装備されていて、
HDR、GIFアニメ、巻き戻し、パノラマ、夜間(ローライト)、
ビューティーモードなどを提供します。
光が強すぎる場合は露出オーバーが見られますが、
適度な場合は驚くほど良い写真を撮ってくれます。
あまり暗くない室内でもです。静止画は鮮明で、
ディテールな部分までちゃんととらえてくれます。
オートフォーカスは正確かつスピーディーです。
ただ、他の大多数の格安スマホと同様、
低照度や暗所ではクオリティがガクンと落ち、
時々ノイズも見られるようになります。

 

 

 

 

 

 

5メガピクセル前面カメラも中々の性能を見せてくれます。
ビューティーモードやセルフィーパノラマ、HDRモードなどが
あるので自分撮り好きなユーザーはきっと満足するはず。
さらにZenfone 2 Laserと違って1080P動画を
録画できる点もメリットと言えます。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):バッテリー

 

 

 

先日わたくし、MOTO X PLAYのレビューをしながら
そのバッテリー寿命に深い印象を覚えました。
しかし今日、このZenfone Maxをレビューしながら思ったのです。
上には上があるもんだなぁ・・・・・と。
ゼンフォンマックスには5000mAhという
大容量バッテリーが内蔵されています。
内蔵型なので取り外しは出来ませんが、
その必要はないはずです。
ヘビーユーザーになったつもりで動画をガンガン再生したり、
通話したり、ネットをうろちょろしたり、ゲームをしたり
してみました。なのに、電池を全部使い切るのに
一日では足りませんでした。
MOTO X PLAYのバッテリーは二日も大丈夫なんですよ!
凄いでしょ?と、騒いだばかりなのに、マックスの場合は
自分みたいなライトユーザーなら
三日も充電無しでいけそうです。
これはもう・・電池持ちではタブレットの領域までも
超えてしまう勢いですね。
ただ、容量が大きすぎるためか満タンになるまでの
充電時間は結構かかる方です。(ゼロからだと約7時間)
高速充電もサポートしませんし。

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):価格(値段)

 

 

 

Asus Zenfone Maxは、MVNOの中ではBIGLOBE
セット端末として扱っています。
SIMフリー端末やアクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

Asus Zenfone Max(エイスース・ゼンフォンマックス)レビュー感想評価評判(SIMフリー):結論

 

 

 

毎日充電するのが面倒くさい!バッテリー寿命が少ないのは
容赦できない!・・・・という人で安価なスマートフォンを
探しているなら、Zenfone Max(ゼンフォンマックス)が
かなり有力な買い物候補になれると思います。
これでもうバッテリー残量をいちいち気にする必要がなくなるわけです。
けれども・・・その他の人にこの製品をおすすめする気は
あまり起きないです。良く言えば無難、悪く言えば平凡。
致命的な弱点はないにしろ、特に秀でている部門も
ありません。確かにスペックにしては
値段は安い方なんですけど・・・最近の格安スマホは
クオリティも以前とは比べ物にならないくらい上がっているし、
新作もどんどん発売されています。
もうちょっと(このサイト等で)調べてみたり、
待ってみるのも悪く無いと思います。
よりスピーディーで快適な環境を望むのでしたら、
費用はかさむかもしれませんが
Huawei Mate SHonor 6 PlusNexus 6Pのような
他の端末を視野に入れておくのも良いでしょう。
(記事作成日:2016-04-07)






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, ASUS タグ: , , , , , , , , パーマリンク