Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:堅実スマホ

 

HuaweiがフラグシップフォンであるMate 9を
今年の初めに発売、先日にはP10とその上位版である
P10 Plusをリリースしたわけですが、
これらの値段が意外と高めだという意見が少なくありません。
Huaweiの一番のメリットは
安い価格だったはずなのに・・(え、違う?)
でもそんな人々のためにHuaweiはちゃんと用意してくれました。
去年はP9 Liteを、今年はP10 Liteを。
(遂に格安スマホです!)
どのようなスマホなのか、これから調べてみましょう。
(余談ですが・・・最近、高価なプレミアムスマホばっか
レビューしているので、このサイトのタイトル、
全く意味を無くしているような・・。)

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

今回レビューしたのは国際モデル(SIMロックフリー端末)であるため
国内キャリアで発売されるモデルと一部異なる点があるかも
しれません。購入前に必ず各キャリアのホームページで
ご確認ください。

 

 

 

CPU:Kirin 658, 16nmオクタコアi5コプロセッサー
GPU:Mali-T830 MP2
ディスプレイ:5.2インチLCD 1920*1080ドット解像度スクリーン
OS:Android 7.0 Nougat and EMUI 5.1
RAM:3 OR 4GB
ストレージ:32GB(共にMicroSDカードで容量拡張可能)
メインカメラ:1200万画素1/2.8インチセンサー
サブカメラ:800万画素カメラ
バッテリー容量:3000mAh
面積:146.5*72*7.2mm
重さ(重量・質量):146g

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 

 

 

 

驚きましたね・・。同じP10という名が付いていても
デザインがかなり違います。
まず、物理式ホームボタンがないですよ。だから
全てのキーはオンスクリーンボタンになります。
デュアルカメラではなくなりました。USB TYPE-Cポートの
姿も見えません。
ええええええええぇぇぇぇ~~~??
同じP10なのに!!
素材はメタルフレーム、その他のデザインは
まぁまぁ似ていますが指紋認証スキャナーの
位置が背面になっています。
前面部には5.2インチ型スクリーンがあり
その下にはHuaweiという文字が刻まれています。
これは背面も同じで、下部にロゴがあり、
真ん中から少し上に指紋認証センサーボタン、
その上にカメラとフラッシュの姿が見当たります。
音量ボタン、電源ボタンは右側面に、
SIMトレーは左側面に配置されています。
スピーカーが下面部にあるのはP10/P10+と一緒ですが
3000mAh容量バッテリーを充電するのはTYPE-Cではなく
MicroUSB端子です。

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

Huawei P10 Liteには5.2インチのFHD(1920*1080ドット解像度)
IPSディスプレイが装備されていて、
左右のみが丸みを帯びた2.5Dデザインが採用されています。
445nitsと知られている輝度は十分明るく、
室内でも室外でも殆どの場合問題ないのですが
直射日光の下では見づらかったりします。
これはP10/P10 Plusに比べ、少し惜しい点と言えそうです。
カラー温度は設定で変更できますが、デフォルトが個人的には
一番合っているようでした。全般的に鮮明でキレイな
ディスプレイだと評価できそうです。

 

 

 

驚きの事実が発覚!?

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:性能・ハードウェア

 

 

 

P10 Liteには16nm工程のKirin 658 SoCが
内蔵されており、これはP9 LiteのKirin 650より
少しだけアップグレードされたモデルです。
オクタコアチップであり、4つの2.36GHz Cortex-A53コア、
4つの1.7GHzコアで構成されています。
グラフィックはMali-T830 MP2 GPUが担当します。
Cortex-A53チップはパフォーマンスよりも
省電力に焦点を置いたプロセッサーと知られていますが
実性能も速やかで、画面転換、スクロール、
アプリの実行、アニメ効果など、とてもスムーズです。
最新ゲームもプレイできますが、GPUがあまり
パワフルとは言えないのでグラフィック設定を
最大にすると一部3Dゲームではフレーム落ちが見られる
可能性があります。
全体的にはMate 9Galaxy S8iPhone 7
LG G6Google PixelXZ Premiumみたいな上位機種に比べると
パワー面では劣ると言えそうです。
まぁ・・値段を考えると当たり前と言えば当たり前なんですが。

 

 

 

 

 

 

P10 Liteの指紋認証センサーはP10やP10 Liteと同じく
迅速でした。素早く反応します。
更に、背面に位置した指紋認証センサーボタンに
タッチすることでスリープ状態から起こすことが出来ますし、
シャッターボタンや通話ボタンの代わりになったり、
ギャラリーアプリを利用する時、左右へのスワイプで
画像を簡単に探索できたりもします。

 

 

 

 

 

 

スピーカーはシングルで、下面部のUSB端子の横に
位置しています。ま、P10やP10+もそうでしたから、
ステレオスピーカーなど、期待していませんでした。
けど音量は結構ありますし、音質もキレイな方です。
音量を最大にしても音割れがほとんど
ない点には感心しました。

 

 

 

P10 Liteのバッテリーは3000mAh容量一体型電池で、
ゲームをしていたら4,5時間位耐えてくれました。
ラインやネットサーフィン、動画再生などの
軽い作業だけだと8,9時間程凌いでくれます。
ライトユーザーには十分な数値といえますね。
しかしヘビーユーザーには微妙な駆動時間かも
しれません。充電は高速充電対応なのでとても速く、
1時間で空から約70%程溜まっていました。
箱に同梱されている専用充電器で充電した方が
一般のよりも速いそうなので、購入した時は
失くさないように気をつけましょう。

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

P10 Liteには1200万画素カメラセンサーが装備されています。
メインセンサーの口径は1.25micron pixel、1/1.28インチと
記されていましたが、最近発売されるスマートフォンと比べると、
やはりレンズのサイズは小さい方です。これはまた、
低照度や暗所、室内などの環境で苦戦することを意味します。
予想していた通り(P10もそうでしたが)光の少ない場所での
撮影結果は好ましいものではありませんでした。
ノイズが見られたり、カラーが実物と変わって見えたり
します。静止画も、動画もです。
しかし光の十分な野外での撮影結果は予想していたのよりも
良かったです。そこまで鮮やかではなくても、
しっかり細部を抑え、キレイに写してくれます。
そして基本設定が不満な場合はプロモードを通して
ISO、露出、シャッタースピードなどを変更できます。
この場合、オートモードよりも良い結果を得られる
確率が高いです。
提供されるカメラモードは様々で、HDR、パノラマ、
高速撮影、スローモーション、そして被写体の動きに合わせて
光の跡型を残してくれるライトペイントモードなどを
サポートします。

 

 

 

 

 

 

800万画素の前面カメラは平均以上のクオリティを持っていて、
セルフィー(自撮り)には充分な性能を備えています。
そしてセルフィー用のビューティーモードに加え、
強力なパーフェクトセルフィーモードも用意されています。
残念ながらOIS(光学式手ブレ補正機能)や4K動画録画機能は
提供されていませんが、値段を考えると悪くない
性能と言えそうです。

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

 

 

 

P10 LiteにはAndroid 7.0 Nougatと
Emotion UI 5.1が搭載されています。
個人的にはGoogle PixelNexus 5X, Nexus 6Pなどに
搭載されているクリーンな純正アンドロイドを好むので
それとは結構違う今までのEMUIインターフェースは
筆者の好みとは若干離れていたわけですが、
今回のEMUI 5.1バージョンではHuaweiが
そのような不満を持つユーザーの意見を
可能な限り採用しようと努力したのが窺えます。
まずアプリ箱が戻ってきましたし、
(初期画面で見えなくても設定で追加できます。)
ユーザーがあまり使わないプリインストールアプリが
減りました。(それでも結構残っていますが)
そのアプリも殆どアンインストール可能です。
ウルトラメモリ(Ultra Memory)という新しい技術も
導入されています。これはメモリをリサイクルすることで
通常の動作をスムーズにしてくれます。
通知領域ややクイックアクセスパネルのデザインも
グーグル純正のものに近くなりました。
片手モード、モーションジェスチャー機能も提供しますし、
オンスクリーンボタンの動作を逆にすることも可能です。
つまりバックボタンは左、最近のアプリボタンは右に
位置しているのですが、この機能を逆にできるということです。
そしてバッテリーマネージャー機能もサポートします。
これは電力を多く使うアプリを検知したり設定を変えることで
バッテリー寿命を延ばしてくれる機能です。
アニメ効果を消し、使わないアプリを非活性化させることで
駆動時間を増やしてくれる省電力モード、
基本機能・アプリのみ利用できるようにして
バッテリー残量の消費を最小限に抑える
ウルトラ省電力モードも提供されます。

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:購入先

 

 

 

SIMフリー端末はエクスパンシスで販売されています。
MVNOの中でP10 Liteを扱っているのは楽天モバイルDMMモバイル
mineoUQモバイルNifMoOCN モバイル ONEBIGLOBEです。
アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

Huawei P10 Liteレビュー感想評価評判:結論

 

 

 

Huawei P10 Liteは値段の安い格安スマホの中で
堅実なスマートフォンと言えます。
デザインはオシャレで薄く、バッテリー寿命は
一日くらいなら充分で、快適な性能を見せてくれます。
ソフトウェア(EMUI)も改善されていますし、
メモリ容量も十分なので動作が滞りなくスムーズです。
カメラはデュアルではなくシングルですが
明るいときなら立派な写真を撮ってくれますし、
何よりも安い値段が魅力的です。ゲームプレイが
主な目的ではなく、最上位スペックまでいかなくとも
中級でストレスの感じない安定したパフォーマンスを
求めている方におすすめです。
(記事作成日:2017-06-21)

アップデートHuawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較記事を掲載しました!






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

Apple Watch Series 3の全て!スペック,価格,最新情報まとめ

iPhone 8とiPhone X発表!価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy Note 8のすべて!スペック、価格、最新情報まとめ

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, HUAWEI タグ: , , , , , , , パーマリンク