Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:おすすめの一品


<<今話題の記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!



*スポンサードリンク*





お知らせ

1.安い!安すぎます!現在楽天モバイルでは 高性能&格安スマホを
最大97%オフで買える冬の特価セール実施中です。 対象端末は
Huawei Mate 9Zenfone 3P9 LiteP8 LiteLiquid Z530
Honor 8Zenfone 2 LaserZenfone 2Zenfone Max等です。

2.海外SIMフリー端末を専門的に扱うエクスパンシスでは
MOTO Zスペシャルセールを行っています。
V20Mate 9OnePlus 3Zenfone 3/UltraGalaxy S7 Edge等も販売中です。

3.ソフトバンクへの乗り換えでどこよりも高い キャッシュバックが貰える
おとくケータイ.netには Xperia XZXperia X PerformanceNexus 6P等の新端末、
そして「あの話題の端末」などが続々入荷中です。

4.U-mobileでは最大2ヶ月無料トライアル実施中です。

5.UQモバイルではぴったり/たっぷりプランの契約で
Zenfone 3/Laser/Ultra等の端末代を最大1万円引きとなります。

6.Nifmoでは音声通話対応タイプ/10GBプランのお申込みで
15,000円キャッシュバックとなります。

7.BIGLOBEでは音声通話SIM「ライトSプラン」又は「12ギガプラン」 お申込みで
プラン月額料金が6ヶ月間値引きされます。

8.エキサイトモバイルでは特典対象プランのお申込みで
最大28,000円キャッシュバックが貰えます。

9.楽天カードに楽天ポイント機能がつきました。



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

去年、中国のメーカー、Huawei(ファーウェイ)は
フラグシップであるP8とミッドレンジ型であるP8 Lite
発売しました。その中でP8 Liteは日本のMVNO会社でも
取り扱われ、悪くない成績を収めています。
今年(2016年)はそれとちょこっと違って、Huaweiから
市場へ送り出されるのはP9、P9 Lite、P9 Plusの
3基になりました。
言うまでもなく、今回紹介するP9 LiteはP8 Liteの後継端末であり、
同じくミッドレンジ型という位置づけになっています。
価格はフラグシップフォンであるP9より遥かに安く(ほぼ半額)、
なのに素晴らしい性能を見せつけているとのこと。
早速、このP9 Liteについて調べてみます。

(フラグシップであるP9のレビュー記事はこちら。)

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

CPU:Huawei Kirin650オクタコアプロセッサー
OS:Android 6.0(アンドロイド6.0)
ディスプレイ:5.2インチ型IPSディスプレイ(1920*1080 FULL-HD解像度)
メモリ容量:2GB RAM
ストレージ:16GB
カメラ:1300万画素背面カメラ、800万画素前面カメラ
バッテリー:3000mAh容量電池
面積:146.8*72.6*7.5mm
重さ(重量・質量):147g
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト、ゴールド

 

 

 

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 

P9 LiteのデザインはP9やP9 Plusと似ていますが、
全く同じというわけではありません。
例えば・・・カメラがデュアルではなくシングルだったり、
バックカバーがアルミ合金ではなく
プラスチックのポリカボネートだったりします。
(でも、コーティングが上手く施されているため
パット見では区別しにくいです。)
全体的には、非常にシンプルな構成と言えそうです。
前面部は5.2インチディスプレイが殆どを占めていて、
その上に受話口と前面カメラが位置します。
背面部は指紋認証センサーが真ん中の少し上に
配置されており、その上に1300万画素カメラ、
下部にはHuaweiマークが刻まれています。
角は丸みを帯びているラウンド形状です。

 

 

 

各ボタンの配置は右側面に電源ボタンと音量ボタン、
左側面にSIM/MicroSDカードスロット、
下面部にスピーカー(残念ながら、ステレオのようで
実はステレオではないです。)とMicroUSBポート、
上面部にマイクと3.5mmヘッドホン端子、
といった形です。マイクロSDカードは
128GBまで容量を拡張可能です。

 

 

 

繰り返しますが、プラスチックの割には安っぽさは
感じられません。P8 Liteと比べると、
よりスタイリッシュに、スリムに、シンプルに
なった印象です。カメラの突起も無いですし。
触り心地はメタルと区別がつかないくらい
スベスベであり(その分、傷はつきやすそうですが)、
筐体サイズは片手でも十分操作できる
ピッタリの大きさだと思います。(・・・成人男性基準)
後ろにある指紋認証センサーにも滞り無く
指が届きますし、手のひらに収まるフィット感も中々です。
ヘッドホン端子が上面部にあることについては
う~~んと首を傾げたくもなりますが・・・
その他は至って普通です。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

最近では格安スマホでもフルHD画面を装備していることが
多く、Huawei P9 Liteも例外ではありません。
それだけでなくP9 LiteのIPSスクリーンパネルは
ディスプレイとグラスとのすき間を無くす
InCell技術を採用しており、ホコリが入りにくく、
より鮮明な画面を提供します。
画面サイズは5.2インチ。フルHDなので画素密度は
424ppiにのぼります。老眼鏡でも用いない限り、
ピクセルを識別することは不可能でしょう。

 

 

 

 

 

 

また、カラーバランスが良く、デフォルトのトーンが
気に入らない場合でも設定で色の温度を調整出来ます。
視野角も非常に広く、輝度も高いため
直射日光の下でも余裕で操作可能です。
レスポンスも俊敏で、試してはいませんが
Huaweiが話していた10点マルチタッチも
問題なさそうでした。ゲーム、映画、
ギャラリー鑑賞、一般操作等、全てにおいて不足のない
ディスプレイだと思います。
カラーの精度や彩度、視野角、鮮やかさを見ると
同じミッドレンジ型で高い評価を(ガジェット博士から)
得たHonor 6 Plusを彷彿させたりもしました。
P9 Liteのディスプレイはミドルレンジ型としては勿論、
プレミアム製品としても文句ないクオリティだと思います。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

Huawei P9 Liteに設置されているのは
Android 6.0 Marshmallow(アンドロイド6.0マシュマロ)
で、そこにHuawei独自のEmotion UIが上塗りされています。
Emotion UIはNEXUS 5X/NEXUS 6P等のネクサスフォンに
入っている純粋なアンドロイドとはかなり
様子が異なります。アプリトレーがなく、
アンドロイドよりもiOSに近い形です。
もしかするとANDROIDを使ってきたユーザーよりも
iOSを使ってきたユーザーの方が
早く慣れるかも知れませんね。だからといって
iOSと全く一緒というわけでも勿論、ありませんが。
それでも一端慣れると使い方はいたってシンプル。
デザインは洗練されていますし、操作はスムーズですし、
完成度の高いUIだと思います。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:指紋認証センサー

 

 

 

指紋認証センサーは素早く、そして的確に反応してくれます。
ユニークな点は、指紋認証センサーがただ単に
指紋を認識し画面を解除するだけでなく、
上下や左右にスワイプすることで通知パネルを
表示させたり、電話に出たり、自撮りを撮ったり、
アラームを止めたり、ギャラリーで画像を探索したりと、
色んな使い方が出来るということです。
指紋認証センサーにこのような使い道があったとは・・・
面白いですね。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:性能(パフォーマンス)

 

 

 

Huawei P9 LiteにはHisilicon Kirin 650プロセッサーと
Mali T830グラフィックチップ、2GB RAMが内蔵されています。
そして16GBという比較的少ない内蔵メモリ(ストレージ)が
搭載されているのですが、これはMicroSDカードスロットが
あるので128GBまで容量を増強できます。
使用環境は大変快適です。動画は滞り無く
再生されますし、アプリの起動は迅速で、
画面スクロール、転換もスムーズです。
最近ゲームでさえも、スラスラプレイできちゃいます。

 

 

 

 

 

 

ただ、Mali T830 GPUが最新鋭チップではないため、
Dead Trigger 2やNeed For Speed No Limitsなどの
一部3Dゲームをグラフィック設定マックスにして
プレイすると、少しのカクカク感が生じます。

 

 

 

発熱は長時間高画質動画を再生したり
ゲームをプレイしていると現れますが、
熱が均等にバックケースに伝わっているためか、
大して気にはなりませんでした。
少し温まるのが感じられただけです。

 

 

 

まとめますと、P9 LiteのCPUは相当なパワーを持っており、
GALAXY S7のような最新プレミアムスマホと
比べてもちょっとだけ遅れる程度です。
でも、グラフィックが最新ではないため、
今後リリースされるゲームを楽しむためには
ある程度の妥協が必要かもしれません。
だからゲームが主な目的でスマホを購入するのであれば、
最新鋭スペックを備えたGALAXY S7 EDGE
LG G5HTC 10XPERIA Z5NEXUS 6Pもしくは
iOSであるIPHONE 6S PLUSを選んだ方が良いでしょう。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:サウンド

 

 

 

P9 Liteのスピーカーは下面部に配置されています。
microUSBポートの左に5つ、右に5つと穴が空いていますが、
ステレオスピーカーではありません。モノです。
そしてそのサウンドクオリティはというと・・・
極普通です。
音量も十分ですし、綺麗に聞こえますが
低音の深みや高音の力強さは感じられません。
一般スマホと同レベルと言いましょうか・・・
けれども、通話品質は良い方でした。相手の声が明瞭に
聞こえましたし、通話するのに何の不便もなかったです。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

Huawei P9 Liteにはオートフォーカス機能・
LEDフラッシュが付いた13メガピクセル背面カメラ(f/2.0)と
8メガピクセル前面カメラ(f/2.0)が装備されています。
この仕様だけ見ると普通のミッドレンジ型スマホカメラのように
思えますが、実際に使ってみると、それ以上の
パフォーマンスを体感できます。
静止画はカラーの精度が高く、細かい部分までしっかる
写ります。そしてあまり鮮やかすぎず、カラーバランスが
良いため自然な印象の写真を撮ってくれます。
また、レーザーオートフォーカスとシャッタースピードが
スピーディーなので素早く被写体をキャッチしてくれます。
HDRモードもしっかりしていて、光の少ない室内でも
同じ価格帯の端末より断然良い画像を残してくれます。
それだけでなく暗い場所でも比較的安定した
写真を撮ってくれますし、結果が気に入らない場合は
夜間モードを利用したり、マニュアルで露出を
調整することも可能です。

 

 

 

 

 

 

800万画素前面カメラも悪くない性能を
見せてくれます。自撮りは綺麗に写りますし、
カラーは正確ですし、撮影速度も速いです。
そしてフラッシュは絶妙な加減で作動してくれます。
それだけじゃないです。
カメラソフトもシンプルで使いやすく、機能が豊富です。
例えば、友達と一緒に撮っても自分だけより
綺麗に写る「パーフェクトセルフィー」、
食べ物をより美味しそうに撮影してくれる「フードモード」、
露出や絞りをマニュアル設定できる「プロモード」
などを提供します。

 

 

 

 

 

 

動画は両カメラとも1080P録画まで対応し、
低速度撮影やスローモーション機能を提供します。
こちらも光が十分な環境では鮮やかな
動画を撮ってくれます。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・しかしですね・・・・・・・
これらはあくまで価格を踏まえての評価です。
え、この値段でこのパフォーマンス!?ということであり、
GALAXY S7 EDGELG G5のようなプレミアム製品との
性能の差はハッキリと存在します。
明るい場所ではしっかりしているので
まぁまぁそんな大した差はないかなぁ・・?とも思えますが、
暗い場所だとパフォーマンスがガクンと落ち、
歪みが生じるため、違いが顕著に現れます。
また、OIS(光学式手ぶれ補正機能)がないせいで
ちょっとの動きでもブレる不安定さ、動画が1080Pまでしか
対応しない部分も、プレミアム製品と比べると
マイナス要素となります。
(個人的には2Kや4K動画はあまり撮りませんが・・・)
けど、Huaweiはよくやったと思いますよ。
この価格帯でこれほどのパフォーマンスを見せてくれる
スマホカメラは稀です。カメラ性能を最も重視するタイプなら
確かに前述した他メーカーのフラグシップフォンを
手に取った方が良いと思いますが、普通に撮ってSNSへ投稿したり、
友達に送ったり、ブログに載せる分には
P9 Liteも十分、いやそれ以上の性能を持っていると思います。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:バッテリー

 

 

 

P9 Liteのバッテリー容量は3000mAhであり、
凄くはないけど悪くもないパフォーマンスを見せてくれます。
一日中通話をしたり(約1時間?)、ゲームをしたり(約1時間?)、
動画を見たり(約2時間?)、メールをしたり(しょっちゅう)、
ウェブ閲覧(約30分?)をしたりしてたのですが、
寝る前のチェックで20%も残っていました。
ヘビーユーザーにならともかく、ライトユーザーには
十分な数値と言えそうです。比較的小さい(?)画面サイズ、
そこまで高くはない解像度、電力効率の良い
Android 6.0/Emotion UIのコンビが功を奏したのでしょう。

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:価格(値段)

 

 

 

Huawei P9 Liteの価格は2万円台後半で、
MVNOの中ではBIGLOBE楽天モバイルIIJmiomineoNifMo
DMMモバイルがセット端末として扱っています。
SIMフリー端末やアクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

Huawei P9 Liteレビュー感想評価評判:結論

 

 

 

Huawei P9 Liteについてこう批判する人もいるかも知れません。
特に秀でている部分がないんじゃないかと。
確かに、他メーカーのフラグシップフォンと比べると
そう感じてしまうのも致し方ありません。
でも、誰にも否定できない大きな違いが一つ
あるではありませんか。
それは・・・!!!!価格です。
半額・・・・いや半額以下ですよ!
他メーカーのフラグシップフォンを1台買う
お金でP9 Liteなら2台も3台も買えちゃうわけです。
それに、目を見開く機能は無いけど目立つような弱点も
無いです。デザインはコンパクトかつ扱いやすく、
5.2インチディスプレイは綺麗で、全体的な性能はパワフル、
バッテリーは十二分に長く、ソフトウェアは機能豊富で
快適に使えます。カメラさえもミドルレンジ型にしては
抜群の性能を備えています。
堅実な格安スマートフォンを探している方におすすめの一品です。
(記事作成日:2016-06-16)

アップデートHonor 8発売!レビューをアップしました!






*スポンサードリンク*







最新記事

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





格安スマホ&ガジェット情報

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!

2017年発売!Samsung Galaxy S8/Edgeの最新情報をまとめました!

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

iPhone7 Plus:迷う必要なし

iPhone7:かっちょいいけど

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPhone SE : 4インチ最強

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

2016年に発売予定のスマホ,タブレット,パソコンは?

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

MICROSOFT SURFACE PRO 4:ペコペコ

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

IPAD MINI 4:確かなアップグレード

IPHONE 6S / IPHONE 6S PLUS:地球代表!

LENOVO YOGA TABLET 2:格安なのに高クオリティ

ASUS ZENFONE 2 LASER:レーザービーム!

KINDLE PAPERWHITE 2015レビュー

HUAWEI P8Lite:惜しい!

MICROSOFT SURFACE 3 :遂に使えるようになった!

ASUS MEMO PAD 7(ME572CL)LTE SIMフリー版:さらばNEXUS7(ネクサス7)!

ASUS ZENFONE2(ゼンフォン2):最強伝説

ASCEND MATE 7:超おすすめ6インチ型スマホ!

ASUS ZENFONE5(ゼンフォン5):コスパの王様!

LG G2 MINI(G2ミニ)D620J:ミニなのにミニじゃない!

Huawei Ascend G620S(アセンドG620S):無難な格安スマホ

LG G3 BEAT:モタモタしてちゃダメ!

Huawei Ascend G6(アセンドG6):残念なディスプレイ

ZTE BLADE VEC 4G:コスパの女王様!でも唯一の弱点は・・・

Huawei MediaPad M1 8.0 LTE(メディアパッドM1):悪くはないけど・・

NEXUS5(ネクサス5):アンドロイド代表スマホ。全てを許します!

NEXUS7(ネクサス7)2013新型:完璧に近いタブレット。なのにこの値段は・・





カテゴリー: 全体記事, HUAWEI タグ: , , , , , , パーマリンク