LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):現最高のスマホカメラ&Screen


<<今話題の記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

新型Surface Pro(2017):価格を見ると

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

Nokia 3310(ノキア3310)発売

HuaweiがHonor 6AとHonor Band A2を発売

Googleが4K 55インチタッチスクリーンのJamboard発売,スペック(仕様)は?

LGがRUGGEDスマートフォン、X VENTUREを発表

Galaxy S9/Plusの発売日,価格,スペック,最新情報まとめ!



*スポンサードリンク*





お知らせ

1.楽天モバイルでは対象端末が最安880円からの スプリングセールを実施中です。
また、一人契約すればもう一人の基本料無料(最大1年間)、
iPhone見せたら3ヶ月基本料無料などのキャンペーンを行っています。
さらに楽天カードに入会すれば7000ポイントが提供されますが、
これを端末費用のお支払に利用できます。

2.ソフトバンクへの乗り換えでどこよりも高い
キャッシュバックが貰える
おとくケータイ.netXperia XZXperia X Performance
Nexus 6P等の新端末、そして「あの話題の端末」などが
続々入荷中です。

3.海外SIMフリー端末を専門的に扱うエクスパンシス
Galaxy S8LG G6BlackBerry KeyOneなどの
端末が販売中です。

4.LINEモバイルで3GBデータ増量キャンペーン実施中です。

5.Nifmoでは音声通話対応タイプ/10GBプランのお申込みで
15,000円キャッシュバックとなります。それだけでなく、
基本料金最大3ヶ月無料キャンペーンも実施中です。

6.BIGLOBEではSIMのみ申し込むと5000円、スマホ+SIMだと
13,000円のキャッシュバックが貰えます。



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

ダブルSIM、ダブルスマホカメラが登場したからには、
ダブルスクリーンスマホが現れてもおかしくはないでしょう。
そう、今回LGが披露したのはダブルスクリーンフォンです。
だからといって同じ大きさの画面が二つ並ぶわけではなく、
セカンドディスプレイはちっちゃいですけどね。
ダブルスクリーンフォンを導入したのはLGが
初めてではありません。(SAMSUNG CONTINUUMは
セカンドスクリーンを画面の下に、GALAXY NOTE EDGEは
側面に採用しました。)が、メインスクリーンの
直上に置く、という発想は新鮮です。
尚、それだけでも十分ユニークだというのに、
前面カメラも2基が搭載されています。
これはまさに変態の領域。
これからこの変態・・・じゃなくて独特な
スマートフォンを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):スペック(仕様)

 

 

 
CPU:QUALCOMM SNAPDRAGON 808(クアルコムスナップドラゴン808)プロセッサー、ADRENO 418 GPU
ディスプレイ:5.7インチIPS Quantum(2560*1440ドット、513ppi)メインスクリーン、2.1インチIPS Quantum(160*1040ドット、513ppi)セカンドスクリーン
OS:Android 5.1.1 Lollipop(アンドロイド5.0ロリポップ)
メモリ容量:4GB LPDDR3 RAM
ストレージ:64GB(microSDカードで2TBまで容量拡張可能)
面積:159.6*79.3*8.6mm
重さ(質量・重量):192g
カメラ:16メガピクセル背面カメラ(f/1.8、OIS 2.0)、5デュアルレンジ前面カメラ
バッテリー:3000mAh容量(着脱式)
カラーバリエーション:Space Black, Luxe White, Modern Beige, Ocean Blue, Opal Blue
SIMサイズ:NanoSim

 

 

 

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):デザイン

 

 

 
LG V10はデカく、厚く、重いフォンです。
他のメーカーは5.7インチ型のような大画面を
装備したフォンはベゼルを極限まで削ったり、
側面を薄くしたり、素材をプラスチックのような
軽い素材に代えたりしながらなんとか
コンパクトに仕上げようとするのですが、
LG V10の場合、そんな試みが一切見当たりません。
デカく、重いです。
なので片手での操作はほぼ不可能と言ってよいでしょう。
ケース素材は316Lステンレスです。そして
スクリーン・パネルを囲むのはDura Skinと呼ばれる素材です。
これはシリコンのようですが・・・プラスチックの
2倍固く、アルミニウム金属よりは10倍頑丈だといいます。
V10の筐体は米国軍用であるMIL-STD-810G認証を受けている位
優れた耐久性を誇ります。
なので落としてしまったとしても大体は平気でしょう。
(あくまで大体です。運が悪ければ・・・。)
着脱式のバックカバーはざらざらした感触なので
滑ったりすることはまずなさそうです。
 

 

 

 

 

 
V10の全体的なデザインは・・・どこからどうみても
可愛いとは言えないですね。
男性ならともかく、女性がこのデザインを
好むかどうかは疑問です。
大人っぽく、男らしいデザインだと思います。
基本的にはフラグシップフォンであるLG G4のデザインと
似ていて、角は鋭く、上部と下部がラウンド形状です。
でもG4のようなカーブボディではありません。
裏面にはLGフォン初となる(NEXUSフォンを除く)
指紋認証センサーが電源ボタンの底に内蔵されています。
上にはメインカメラとフラッシュ、
電源ボタンの上下には音量調整ボタンが配置されています。
バックカバーは取り外しが可能で、SIMカード、
マイクロSDカード、バッテリーの交換ができます。
最近は内蔵型バッテリーを採用している
メーカーが多いのでこれは助かります。
マイクは上部に、ヘッドホンジャックとマイクロUSBポート、
シングルスピーカー、セカンドマイクは下部に配置されています。
(下部にちょっと集まり過ぎなのでは?という印象も・・・)
側面には何もなく、綺麗です。
まぁ・・・ボタンの配置はいかにもLGって感じですね。
V10のデザインを一言で表すなら、
「男らしさプンプン」と言いたい所です。

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):ディスプレイ

 

 

 
LG V10のメインスクリーンは5.7インチ型IPS LCD
ディスプレイです。解像度は2560*1440ドット(QuadHD)、
画素密度は515ppiに及びます。
業界最高と言われるLGディスプレイについて、
今更説明は不要だと思います。
予想通り、LG V10のディスプレイは美しく、
鮮明で、明るかったです。屋外でも難なく操作できるほど。
この華麗な大画面に、誰もが惚れざるを得ないでしょう。
ま、これは予想していた通りであり、今回注目なのは
そっちではなくセカンドスクリーン。
2.1インチのセカンドスクリーンを
メインスクリーンと合わせるとなんと6インチという
大画面になります。でも、当然いつも同じ
行動をとるのでは意味がなく、メインスクリーンが
OFFでもセカンドスクリーンはON状態で、
別行動をとることができます。
使い方は様々で、通知を確認したり、頻繁に使う
アプリケーションのショートカットを置いたり、
最近利用したアプリを並べたり、
音楽を聞いている時の曲名を表示したり、操作したり、
連絡先、カレンダーのイベント通知を受けたり、など
自分の好みに合わせて設定することが可能です。
勿論、日付、時刻、天気、メッセージ受信等の情報を
メインスクリーンがオフの時に表示することだって可能。
つまり電話を受信したり、簡単なメッセージを見たり、
現在の時間や曜日が何なのかをメイン画面を起こさずとも
確認できるわけです。

 

 

 

 

 

 

個人的には時間を確認するため、今までは
スマホをポケットから出して、電源を入れて、
画面が表示されるまで待っていました。
でも今はポケットからスッと取り出せば
すぐチェックできるのでとても便利だと感じています。
それだけではなく、メイン画面と分離しているため
映画を見たり、ゲームをプレイしたりしている時も
途中で中止せず通知や電話の受信、
メッセージ等を確認出来ます。
もうこれだけでもセカンドスクリーンの
存在意義を見出せたと思います。
また、最近利用したアプリを即座に実行できたり、
カメラアプリを立ち上げるとカメラボタンが
代わりに表示されるのも良かったです。
ただし、あまり期待し過ぎはいけません。
人によって様々な使い方が出来るとは思いますが、
2インチ画面なのでその範囲にも限界があります。
それに画面がデカく、片手での操作が難しいため、
セカンドスクリーンを利用してマルチタスクを
しようとしてもスムーズには行えません。
位置がメインスクリーンの上だから
左指が届かないのです・・・。
ま、両指を使えば簡単に解決する話ではありますが・・・、
この点はしょっちゅうマルチタスクをする
ユーザーには不便かも。

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):性能(パフォーマンス・ハードウェア)

 

 

 
見た目も男らしいですが、パワーも男らしいです。
LG V10には1.82GHz QUALCOMM SNAPDRAGON 808プロセッサーと
ADRENO 418 GPU、4GB RAMが内蔵されています。
これはLGフラグシップフォンであるG4と似たスペックですが、
メモリ容量が4GBであるためか、より快適な印象を受けます。
そのパフォーマンスは最近の殆どのハイエンドスマートフォンが
そうであるようにサクサクで、スムーズで、
タッチの反応も速やかです。
画面転換、スクロール、アプリの実行、ウェブ閲覧は勿論、
最新ゲームやマルチタスクまでも滑らか。
ストレージは64GBなのでこれだけでも
充分な容量だと思いますが、それでも足りない場合は
microSDカードで容量を2TBまで拡張できます。

 

 

 


 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):指紋認証センサー

 

 

 
LGがNEXUSフォン以外で指紋認証センサーを搭載するのは
これが初めてとなりますが、その出来はというと・・・
悪く無いです・・。
悪くないというのは・・そこまで良くもないということです。
特にIPHONE 6SやXPERIA Z5みたいな
プレミアムスマホと比べるとそうです。
5回中1回くらいは認証に失敗しました。
約80%の成功率。悪くはないですが・・これも
毎日利用するユーザーにはストレスかも。
・・・と、思っていたのですが、最近行われた
ソフトウェアアップデートで反応速度と
精度が著しく上がったのがわかりました。
もう大丈夫そうですね。
今後のアップデートにも期待したいです。
ちなみにV10の認証方法は他機種とやや異なります。
ロック画面時にボタンを軽く押し、指紋が認識されれば
画面が解除される形です。

 

 

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):サウンド

 

 

 
最初、本体の下部に配置されているスピーカーの位置が
微妙だと思いました。しかし、いざ使ってみたら・・・
やはり微妙でした。
横に持つと思わず手が塞いでしまう位置です。
しかし、音質はすばらしいものでした。
音量は・・・まぁ普通ですが。
ヘッドホン/イヤホンを使えば尚サウンドのクオリティが
上がります。(HI-FIをONにするのを忘れずに!)
低音、高音、しっかり響いてくれるので
音楽鑑賞用としては充分だと思います。

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):バッテリー

 

 

 
唯一引っかかるのがこのバッテリー寿命です。
LG V10には3000mAh容量バッテリーが内蔵されています。
一般的には決して少なくない容量ですが、
画面サイズ、高解像度、そしてもう一つの画面を
考えると、もうちょっとあった方が
良かったかも知れません。そうなると
必然的に重さが増すわけですが・・それでも。
いざ使ってみて思ったのは、ライトユーザーなら
一日位は大丈夫だけど、ヘビーユーザーなら
厳しいかもしれない、ということです。
特に写真を一杯撮ったり、ゲームをガンガン
プレイするユーザーなら半日も持たないかも。
バッテリーを着脱式にしたのはこのためかも
知れませんね。遠くに行く場合は予備バッテリーを
用意しましょう。それでも肯定的な部分は
高速充電をサポート、充電速度が物凄く速いという
ことです。(残量10%から1時間でフル充電でした。
ただし高速充電の邪魔にならないよう、
画面をオフにしておく必要があります。)

 

 

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):カメラ

 

 

 
LG V10で最も注目なのは間違いなくセカンドスクリーンです。
セカンドスクリーンは確かに便利。
でも、セカンドスクリーンのためだけにこの
高価スマートフォンを買う消費者はそうそういないでしょう。
しかしカメラなら話は別。
今までカメラ性能の高いスマホとしてIPHONE 6S PLUS、
GALAXY S6、XPERIA Z5NEXUS 6Pなどの名を
あげてきましたが、明日からはV10だけを
紹介するかも知れませんね。
それくらいLG V10の1600万画素カメラは
圧倒的な性能を見せつけてくれます。
ただ、このV10で素晴らしい写真を撮るためには
条件が一つあります。
それはマニュアルモードで撮ること。
オートモードで撮っても悪くはないんですが、
マニュアルモード程鮮やかには撮れません。
低照度(暗所)では特にです。
 

 

 


 

 

 

 
LG V10のマニュアルモードは非常にシンプルで
使いやすいため、カメラの専門家でなくても
充分使いこなせます。必要最低限の知識だけで結構。
ホワイトバランス、ISO感度、シャッター速度などを
調整することができます。
また、RAW形式での保存が可能な点も大きなメリットです。
それだけじゃありません。
V10は業界初、動画撮影でもマニュアルモードを
サポートします。
おかげでフレームレート、解像度、
シャッタースピード、ホワイトランス、ISO、
画面スペクト比、そしてオーディオまで
簡単に調整できちゃいます。
また、今回新しく加わったシネマモードは上下幅を削り、
映画館のような雰囲気を醸し出してくれます。
それに録画された動画をLGの基本動画編集アプリである
「QUICK VIDEO EDITOR」で編集することも可能です。
電子式手ブレ補正機能もちゃんと起動し、
歩きながら撮影する際の揺れを防いでくれます。

 

 

 

 

 

 

セカンドスクリーンの次に注目されているのが
2基の500万画素フロントカメラ。
一つは普通の自撮り用カメラで画角は80度。
もう一つは広角撮影用で画角は120度です。
だから1人で撮るなら普通の一般レンズを、
多数で撮影するなら広角レンズを利用すると
良いでしょう。
マルチビューレコーディング(MULTI-VIEW RECORDING)という
面白い機能もあります。3つのカメラを用いて
同時に3つの角度から動画を撮影、その中で最も
良いものを選ぶことができる機能です。

 

 

 

 

 

 

背面カメラも、前面カメラも、その性能は
確かなものです。画像・動画共に綺麗で、
細かい部分まで写っていて、
カラー精度も高かったです。
短所といえば、まず撮影したファイルの容量が
大きすぎる点をあげられるでしょう。
(基本動画編集アプリで編集可能)
また、低照度で露出がオーバーになったり、
ホワイトバランスが微妙にずれたり
する所ですが、(当然マニュアルモードで
調整可能)個人的にはこれらがあまり致命的な
弱点だとは思えず、V10のカメラは疑いの余地なく
業界トップレベルだと思います。
直接画像や動画を他カメラの結果と比較してはいないので
断言はできませんが、今までレビューした
端末の中で最高のスマホカメラかも。
スマホで素晴らしい写真を撮りたいのなら、
V10を掴んで下さい。

 

 

 


 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):ソフトウェア

 

 

 
LG V10にはAndroid 5.1.1 Lollipop(アンドロイド5.1.1
ロリポップ。間もなく6.0 MARSHMALLOWへアップデート予定)と
独自のLG UIが搭載されています。
LG UIは以前LGスマートフォンを利用した経験がある人には
全く問題ないはずですが、初めて使う人には
バックカバーに配置されているボタンの如く、
ある程度の慣れが必要かも知れません。
NEXUS 5X/NEXUS 6P等のネクサスフォンに採用されている
純正アンドロイドと比べるとアイコンが平らで、
デザインがちょっと古く、メーカー独自の
アプリが多くて全体的に混雑しているような印象を与えます。
それでもダブルタップでスリープ画面から
起こすノックオン、セキュリティの強化に役立つ
ノックコード、二つのアプリを同時に実行できる
デュアルウィンドウ、タイピングしやすいように
キーボードのサイズを調整してくれる機能、
画面を縮小し、片手での操作をしやすくしてくれる
モードなどは健在と言えます。

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判(SIMフリー):価格(値段)・販売先

 

 

 
現在LG V10の価格帯は7万円台後半となっており、
SIMロックフリー端末をエクスパンシス
販売しています。
エクスパンシスで販売されているLG V10は
LG-H961Nモデルで、このモデルの対応周波数は
4G: FDD (B1)2100/(B3)1800/(B7)2600/(B8)900 MHz、
TDD: (B38)2600/(B39)1900/(B40)2300/(B41)2600 MHz、
3G: 850/900/1900/2100 MHz、
GSM: 850/900/1800/1です。
(docomo/au/softbankの周波数帯・対応バンドはこちら。)
もし格安SIM会社(MVNO)と契約するのであれば、
ドコモネットワークを利用しているMVNOをおすすめします。
アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

LG V10レビュー感想評価評判:結論

 

 

 
LG V10には無視できない3つの短所が存在します。
一つ目はデカイこと。
二つ目は重いこと。
三つ目はバッテリー寿命が不安だということです。
着脱式なので他のバッテリーに交換できますが、
それでも同じサイズの他メーカー製品に比べ
バッテリー持続時間が短いのは事実。
しかしもしこの3つの短所に目をつぶることが
出来るのなら、決断をすべきです。
業界最高レベルのビッグスクリーンを堪能したい人、
どうぞ買って下さい。
男らしいルックとマッチョさに惚れた人、
どうぞ買って下さい。
セカンドスクリーンに心が揺れた人、
どうぞ買って下さい。
ちょっとの調整だけでDSLR並みの写真を
撮れるスマホカメラが欲しい人、
どうぞ買って下さい。
特に美しいディスプレイと現在地球上で最高の
スマホカメラ(あくまで個人意見です。)を
手に入れたいのなら、もはや迷う必要はありません。

(記事作成日:2016-01-30)






*スポンサードリンク*







最新記事

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

Nokia 3310(ノキア3310)発売

HuaweiがHonor 6AとHonor Band A2を発売

Googleが4K 55インチタッチスクリーンのJamboard発売,スペック(仕様)は?

LGがRUGGEDスマートフォン、X VENTUREを発表

Snapdragon 845とKirin 970のスペック(仕様)がリーク!?

機能が追加されたTelegram 4.0リリース

Google Pixel Launcher(ピクセルランチャー)がGoogle I/Oに登場

GoogleがAndroid Go(アンドロイドゴー)とVR Standaloneを発表

GoogleがiOSにAssistantリリース,Play ProtectとKotlin対応も発表

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

ガジェット博士へ行く





ガジェットレビュー

新型Surface Pro(2017):価格を見ると

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

格安スマホ比較へ行く





カテゴリー: 全体記事, LG タグ: , , , , , , , パーマリンク