LG V20レビュー感想評価評判:スマホが奏でる音じゃない

 

SAMSUNG Galaxy Note 7の相次ぐ爆発事故により
大型スマートフォン市場は混乱に陥りました。
こんな中、空席になったチャンピオンの座を
奪い取ろうと目論むメーカーがいます。
LGです。一昨年大型スマホであるV10を発売した
LGは去年(2016年)、それをより改善したモデルである
V20をリリースしました。筆者はこのデバイスを
以前から紹介したかったのですが、日本での発売予定が
無かったため半ば諦めていました。
しかし、エクスパンシスからSIMフリー版が
販売されるようになり、レビュー記事を
書けるようになったのです。
以前レビューしたV10には大変良い印象を覚えましたが、
V20は果たして、どんなスマホなのでしょう・・?

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

CPU:Snapdragon 820クアッドコアプロセッサー(2.15+1.6GHz)
OS:Android 7.0 Nougat
ディスプレイ:5.7インチIPS LCD Quantum Dotスクリーン
(QHD 2560*1440, 513ppi) + セカンドスクリーン(160*1040,513ppi)
カメラ:16メガピクセル+8メガピクセルメインカメラ、
5メガピクセルサブカメラ
ストレージ:64GB(MicroSDカードで256GBまで容量拡張可能)
メモリ容量:4GB RAM LPDDR4
バッテリー容量:3200mAh
面積:159.7*78.1*7.6mm
重さ(質量・重量):173g
カラーバリエーション:タイタン、シルバー、ピンク

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 

V20は色んな面でV10の後継端末に間違いありませんが、
デザインはそれとはかなり異なります。
寧ろデザイン的には今年発売されたG5の方が近い気がします。
ステンレスとDuraSkin素材がなくなり、
ポリカボネートが混じったメタル素材が採用されました。
V10のユニークなデザインは姿を消しましたが、
それでもV20のデザインは現代風で垢抜けており、
握った時の感触も立派です。
偶にHTCフォンと勘違いしてしまう時があるのは
ちょっとアレですが・・・。

 

 

 

 

 

 

素材は変わっても、卓越した硬度は変わりません。
MIL-STD 810G認定を受けているため、衝撃に物凄く
強いです。(・・多分。まだ落としたこと無いんで。
わざと落としてみる気はサラサラ無し。)
ユニボディのように見えますが実はユニボディでは
ありません。これは短所のようにも感じられますが、
実は長所にもなり得るのです。左側面の下部にある
ボタンを押しケースを外すと、バッテリーやSIMカード、
マイクロSDカードを交換できるようになります。
そしてケースを元に戻せば、隙間のなさそうな、
ユニボディみたいな一体感を与えるようになります。

 

 

 

従って製品品質は非常に高いと評価できそうです。
ユニボディのようで(でも実はそうではなく)
洗練されたデザインながら頑丈でもあり、
その上バッテリーの交換も出来るのですから。
ちなみにボタンの配置はヘッドホン端子、USB TYPE-Cポート、
シングルスピーカー全て下面部にまとまっています。
電源ボタンは前作と同じ背面にありますが、
音量ボタンは左側面へ移動しました。
個人的には別に背面でも不満は無かったのですが、
他メーカーと同じように側面へ移動したことで
初めて使うユーザーがより親しみやすくなったという
利点はあると思います。
電源と音量調整ボタンは押しやすく、
感触も滑らかです。そして電源ボタンの底には
指紋認証センサーが内蔵されています。
また、あまり使わない機能ではありますが、IR Blasterチップが
内蔵されているためテレビのリモコン代わりにもなり得ます。

 

 

 

V20の重さ(重量・質量)は173gで画面サイズを
考えれば比較的軽い方です。面積は159.7*78.1*7.6mmで
GALAXY NOTE 7より薄いですが、若干大きいです。
V10と比べると(8.6mm)大分薄くなった模様です。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

前作であるV10と同じくV20も二つのスクリーンを
搭載しています。メインディスプレイは5.7インチIPS LCD
スクリーンパネルで、解像度はQuad HD、
画素密度は513ppiです。ディスプレイ分野で
世界一,二を争うLGというブランド、そして
スペックをみれば分かる通り、画面は大変鮮明で、
輝度も高いため屋外でも容易に操作できます。
また、視野角も広い方です。
セカンドスクリーンは2.1インチで解像度は160*1040と
なっています。前面部の最上部に位置しており、
電源をオフにしても画面が常に表示されるため
時間等を確認するためにいちいち電源を
入れる必要がありません。
これにより労力と電力が節約されます。
また、V10に比べほんの少しではありますが画面が
大きく、そして輝度が高くなったため、
一層見やすくなった印象です。

 

 

 

セカンドスクリーンについては使う人も、使わない人も
いると思いますが、個人的には本当に便利な機能だと
思っています。アプリのショートカットや最近実行した
アプリ、カレンダー、電話帳、BluetoothやWI-FIなどの
設定ボタン等を自分の好みに合わせて詰め込むことができるため、
画面を有効に活用できます。さらに電源をオフにした場合には
現在時刻やバッテリー寿命、個人的なメッセージなどを
表示させることが可能です。
ただ、パネルがAMOLEDではなくLCDであるためか、
メインディスプレイをオフにした時完全にカットされず、
セカンドスクリーンから光が漏れているような
印象を受ける場合があります。個人的には
気に触るほどではありませんでしたが、暗い場所では
結構目立ったりするので事前に知っておく必要がありそうです。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:性能(ハードウェア)

 

 

 

LG V20にはQualcomm Snapdragon 820プロセッサー、
Adreno 530 GPU、4GB RAMという、フラグシップフォンに
相応しい最新鋭の部品が装備されています。
LGのユーザーインターフェースはGoogle Pixel
搭載された純正OSに比べるとクセがある方ですが、
それでも迅速なパフォーマンスを見せてくれます。
アプリの起動は瞬時に行われ、タッチへのレスポンスや
マルチタスクはスムーズです。当然最新ゲームも
難なくこなしてくれます。
現時点で最高のパフォーマンスを見せてくれる
アンドロイド端末の一つと言えそうです。

 

 

 

 

 

 

指紋認証センサーは電源ボタンの底にあり、
素早く、そして正確に指紋を認証してくれます。
他のスマートフォンと違う点は、指紋認証センサーが
物理ボタンの底にあるということです。でもロック画面を
解除するためにボタンを押す必要はありません。
指を載せるだけでオッケーです。これにより
他端末より一層反応が速く感じられます。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:バッテリー

 

 

 

V20に内蔵されている3200mAhというバッテリー容量は
スクリーンが二つあることを考えるとそこまで
デカイ容量ではありませんが、3000mAhだった
V10よりは増強されており、ライトユーザーなら
一日や二日は充電抜きで使えるようになっています。
ヘビーユーザーでも一日は大丈夫だと思いますが、
動画を一日中見るにはちょっときついかも知れません。
でも大丈夫!V20は高速充電に対応しますし、
バッテリーの交換が可能なのです。普通に
メールを送ったり、LINEをしたり、
音楽を聞いたり、数時間ゲームを楽しんだり、
Youtubeで動画を鑑賞するくらいなら
不便はないでしょう。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:サウンド

 

 

 

 

 

 

LG V20にはシングルスピーカーが下面部に
設置されており、HTC 10等の前面デュアルスピーカーと
比べると大分しょぼく感じられるかもしれません。
しかし、実はV20のシングルスピーカーの内部には
物凄い秘密兵器が隠されているのです。それにより
V20のサウンド性能は業界トップレベル、いや、
トップ(暫定)とも言えるほどであり、LGが誇るV20最大の
特徴でもあるのです。
それが何かというと・・・!!!
そう!Quad DACです。
これによりノイズが少なく、臨場感のある
高クオリティのオーディオを楽しむことができるのです。
特に高性能ヘッドホンを着用した時
他端末との差が著しく、以前は不明瞭だった
サウンドが鮮明に聞こえ、聞こえなかった楽器が
いきなり登場したりします。当然FLACファイルにも
対応しますし、設定を通して自分に合うサウンドバランスに
調整することが可能です。
それだけではありません。V20はサウンド再生だけでなく
オーディオレコーディングにも優れています。
V20に内蔵されているHD Audioレコーダーは
24bit FLACファイルでサウンドを保存できますし、
幅広い音域をカバーするため、スポーツの試合や
歌手のコンサートなど、騒々しい場所での録音にも
適しているくらいです。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

V20にはG5と同じように光学式手ぶれ補正機能(OIS)付き
16メガピクセルメインセンサーと8メガピクセル広角センサーが
装備されています。その中でも広角センサーはV20を代表する
特徴の一つと言えるでしょう。
クオリティ自体はメインセンサーにやや劣りますが、
団体写真や風景を撮るときなど、様々な場面で活用できます。
また、同じ場面でももっとダイナミックな写真が撮れたりします。
両センサー間の転換はとっても簡単。
カメラインターフェースの上部にある
アイコンを軽くタップしたり、もしくは
ズームイン・アウトをするだけで素早く変換されます。

 

 

 



 

 

 

LGが提供するカメラインターフェースは機能豊富で、
静止画のホワイトバランス、ISO、露出、シャッタースピード、
ピント合わせなども手動で調整できるようになっています。
動画もそうで、録画中にフレーム率を調整したり
エフェクトを加えたり、Hi-Fiオーディオを録音するなどの
斬新な機能が提供されます。勿論、4Kみたいな
超高画質にも対応しています。
その中でもやはり注目したいのは動画録画中でも
細かい部分を調整できるという点で、周囲の騒音などを消したり、
マイクの感度を変えたりもできちゃいます。
全体的な撮影・録画性能はLG G5と同じく業界トップレベルであり、
GALAXY S7 EDGEと比べても引けを取らないくらいだと思います。

 

 

 

けど、手ブレ補正性能にはちょっとがっかりさせられました。
光学式にも、そして新しく導入された「Steady Record」という
ソフト式手ブレ補正機能にも若干の不安定さが見られます。
それだけでなく、画面の周りに歪みが現れたりもします。
これは広角センサーだとより顕著です。
尚、オートモードも悪くはないんですが
直接マニュアルで調整した方が大体の場合は
もっと優れた結果が出るように思えました。
オートモードだと明るいカラーを撮る時
露出がちょっと合ってないような気がしました。
低照度環境での撮影については依然、
素晴らしいものがあります。
ノイズが全くないわけではありませんが、
ディテールを上手に拾い、鮮明な画質を
みせてくれます。
一つだけ・・、ホワイトバランスは周囲の光に
影響されやすいようです。広角レンズを使う場合は
特にです。

 

 

 


 

 

 

5メガピクセルの前面カメラは広角レンズで、
前作とは違いセンサーは一つのみです。
それでもセンサーを転換するボタンがあるので
メインセンサー(のように)も使えますし
その結果は両方とも良好でした。
しかし、元は広角レンズなので普通のレンズとして
使うと画像の一部がカットされることをお忘れずに。
これは画質にも影響するため、常に広角レンズとして
使うことをおすすめします。
まとめますと、LG G5やGALAXY S7と同じくらい
優れたトップレベルのセンサーを持っているものの、
所々不満な点が見えるV20カメラでした。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

V20には最新アンドロイドOSバージョンである
Android 7.0 Nougatが設置されており、これは
大きなメリットでした。
・・・・・・発売当時には。
2017年になった今はNougatにアップデートされた端末が
結構増えているため、そこまで大きなメリットとは言えなさそうです。
アンドロイド7.0ヌガーの上にはLGのカスタムスキンが
被さっており、その見た目と雰囲気はLG G5と
ほぼ一緒です。明るく、カラフルで、
ちょっとだけ子供っぽい雰囲気を漂わせます。
アプリ箱(ドロワー)の姿は見えませんが、
テーマを変えるとひょいと現れたりします。
選択できるテーマの数は徐々に増えている状況です。

 

 

 

確かに最新版LG UIは垢抜けており、
以前に比べキレイに整頓された印象です。
しかしPIXELに入っているAndroid 7.0 Nougat程
閑散とは言えませんね。また、7.0にアップデートは
されていますが、発売当初6.0だったLG G5とほぼ同じのような
気がします。ま、別にだからといって文句があるわけでは
ありませんが。

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:購入先

 

 

 

現在エクスパンシスでSIMフリー端末が販売されています。
アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

LG V20レビュー感想評価評判:結論

 

 

 

LG V20はメタルケースとデュアルセンサーカメラという
G5との共通点を持っていますが、ユニークさや
面白さという面ではG5にかないません。G5の最大のウリだった
モジュール機能はV20には搭載されていないのです。
しかし・・・V20の真の良さは、基本に充実している部分に
あると思います。あまり急激的な変化を加えず、従来の
スマートフォンの良い部分をより強化しているからです。
メタルデザインはオシャレでかっこよく、
ケースは頑丈で、ディスプレイは美しいです。
業界屈指のオーディオ性能はスマートフォンのとは
思えないほどで、カメラも完璧とは言えないものの、
業界トップクラスに入ることは間違いないです。
それだけじゃありません。メタルボディなのに
ストレージを拡張できますし、バッテリーの交換さえも
できちゃいます。

 

 

 

大型スマホ市場を制覇すると思われていたGALAXY NOTE 7
あっけなく散ってしまったせいで、大画面を好む消費者の心は
かつてなく揺れ動いています。これがLGに上手く作用するかどうか、
本当にV20がGALAXY NOTEのシェアを奪うことが
できるかどうかはわからないです。
でも一つだけここで言えることは、V20にその資格が
十分あるということでしょう。
(記事作成日:2017-01-06)






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, LG タグ: , , , , , , パーマリンク