Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):バッテリー最強

 

Motorola Moto X Playはモトローラが去年(2015年)発売した
ミッドレンジ(ミドルレンジ)型スマートフォンです。
スペックやデザインはフラグシップである
Moto Xに劣りますが、値段が安く、バッテリー性能が
素晴らしいです。格安スマホを探している消費者には
丁度いいと思われる、このMoto X Playについてこれから
調べてみます。

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):スペック(仕様)

 

 

 

CPU:Qualcomm Snapdragon 615 1.7GHz(オクタコア)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.5インチ1920*1080ドットFullHD解像度スクリーン
メモリ容量:2GB RAM
ストレージ:16GB
カメラ:2100万画素背面カメラ、500万画素前面カメラ
通信機能:
3G:2.1GHz / 1.9GHz / 1.8GHz / 1.7GHz / 900MHz / 850MHz / 800MHz
LTE:2.1GHz / 1.8GHz / 900MHz / 850MHz / 800MHz / 700MHz / 2.3GHz / 2.5GHz/ 2.6GHz
GSM:1.9GHz / 1.8GHz / 900MHz / 850MHz
IEEE 802.11a/b/g/n (2.4GHz / 5GHz)
Bluetooth® 4.0LE
NFC
インターフェース:
microUSB
nanoSIMカードスロット×2
microSDメモリーカードスロット
イヤホンマイクジャック
(注:SIMスロット1、2は同時に利用することはできません)
バッテリー:3630mAh容量
面積:高さ約148mm ×幅約75mm ×厚さ約8.9~10.9mm
重さ(重量・質量):約169g
カラーバリエーション(カラバリ):ブラック、ホワイト(BIGLOBE基準)

 

 

 

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):デザイン

 

 

 

MOTO X PLAYのデザインはオリジナルMOTO Xに
大きく影響を受けた様子です。
丸みを帯びた形状、スピーカーやボタンの配置など、
背面部はともかく、前面部はほぼ一緒と考えてもいいくらいです。
また、重さが169g、画面サイズが5.5インチで面積が
約148mm*約75mm*約8.9~10.9mmという、
5.5インチ型にしてはコンパクトな仕上がりとなっています。
それでも片手での操作はきついですが・・・。
あくまでIPHONE 6S PLUSのような、同じサイズの
端末に比べると、であることをお忘れなく。
手のひらにしっくりくるフィット感も、重量も
大きさを考慮すると相当良い方です。
厚さは・・・あまりスリムとは言えませんが。

 

 

 

他のスマートフォンに比べユニークな点は、
バックケースを外し、別カラーのケースに
交換できるということです。
ピンク、オレンジ、ブルーなど、様々なカラーが
用意されています。
これはMOTOユーザーだけにMOTO MAKERが提供する
サービスで、単にバックケースだけでなく
様々な自分好みのカスタマイズが可能となっていますが・・・
(しかも安価で)
問題は日本で米国のMOTO MAKERサービスを利用するのは
かなり面倒だということ。これについては直接端末の購入前に
日本モトローラ店に聞いてみる必要がありそうです。

 

 

 

前面部にスピーカーが配置されており、
左右のベゼルの幅は広すぎず、狭すぎず、
調度良い具合だと思います。
ボタンの配置はヘッドホンジャックが上部、
マイクロUSBポートが下部、電源と音量ボタンが
右側面となっています。
背面はゴム材質なのでザラザラした感触です。
なので手のひらから滑って落っこちてしまう心配は
要らなさそうです。
大変扱いやすくて便利ではあると思うのですが・・・
高級感があるとは到底言い難いです。
ど真ん中よりやや上にはMOTOROLAロゴが刻まれています。
これがなんだかLGフォンっぽくもあるんですが、
ボタンではないのでロゴやロゴの周りを押しても何も起こりません。
側面はメタルのようですが実はプラスチックです。
防水性(防水機能)はあるのはあるのですが、
認定とかはなく、MOTOROLAもこの点を強調してはいないので
あくまで若干の水濡れ程度ならすぐには故障しない、という感覚で
とらえた方が良さそうです。
従ってお風呂には決して持ち込まないように!

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):ディスプレイ

 

 

 

MOTO X PLAYのディスプレイは5.5インチ型
1920*1080ドット解像度のフルHDで、
TFT液晶ながらIPS方式を採用しています。
カラーは鮮やかで明るく、視野角も広い方ですが、
IPHONE 6S PLUSやXPERIA Z5程自然なカラーとはいえず、
(若干白い、または黄色いトーンがかかったりします。)
GALAXY S7NEXUS 6P, LG V10程鮮やかではありません。
つまり、普通ということです。それでも値段を考えると
特に大きな問題のない無難なディスプレイだと思います。

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):性能(ハードウェア)

 

 

 

MOTO X PLAYに内蔵されているCPUはSnapdragon 615
(スナップドラゴン610)プロセッサーで、メモリ容量は
2GB RAMです。Snapdragon 615はミッドレンジ型チップなので
最強のプロセッサーとは言い難いですが、
一般的な作業なら文句なくこなしてくれます。
画面転換、アプリの起動、転換、スクロールなど、
大体の動作はスムーズです。しかし、最新ゲームなんかは
グラフィック性能が劣るためか、フレームが落ちてしまい、
仕様の調整が必要な時があります。
そして不快感を覚える程ではないものの、
少し本体が温まるのが感じられました。
カジュアルなゲームは問題ないのですが、
重いゲームなんかはちょっときつそうな印象です。
あまりゲーマーには向いてないかと・・・。

 

 

 

基本ストレージは16GBに過ぎませんが
microSDカードスロットが装備されているため
128GBまで容量を拡張できます。

 

 

 

二基の前面スピーカーは音量は十分ですが
音質は普通です。高音も低音も厚みが足りない印象でした。
最近のプレミアムスマホに殆ど搭載されている
指紋認証センサーは搭載されていません。

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):バッテリー

 

 

 

MOTO X PLAYの最大のメリットは疑いの余地なく
バッテリー寿命と言えるでしょう。デザイン部門で本体が
スリムとは言えない・・と述べましたが、
それにはわけがあるのです。
そう、3630mAhという大容量バッテリーが
内蔵されているからなんです。
それに加え、省電力性能が強化された
Android 6.0 Marshmallo(アンドロイド6.0マシュマロ)が
電力消費をコントロールしますし、ディスプレイ解像度も
最近の端末に比べるとあまり高くないフルHDということで、
圧倒的なバッテリーパフォーマンスを見せてくれます。
自分みたいなライトユーザーなら二日も余裕で
いけるくらいです。ヘビーユーザーでも一日は
余裕(主にゲームを楽しむヘビーユーザーにこの端末は
おすすめできませんが)でしょう。
電池持ち、という点では上述したプレミアム端末全て
(IPHONE 6S PLUS、XPERIA Z5GALAXY S7
NEXUS 6P, LG V10)を凌ぐ勢いです。
さらに「Turbo Power充電」と呼ばれる高速充電を
サポートするということですが・・・電池容量が
大きいためかあまり速度感は感じられないですね。
それでも「15分間の充電で8時間利用が可能」という
宣伝文句は誇張ではなかったみたいです。

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):カメラ

 

 

 

Motorola Moto Xには21メガピクセル背面カメラ
(f/2.0、デュアルトーンフラッシュ)が
装備されていて、そのオートフォーカス速度は
素早く、正確です。カラーバランスもよく、
撮影方法は実に簡単、画面のどこを
タップしても撮影できるようになっています。
しかし殆どのミッドレンジ型カメラと
同じように、光が豊富な場所では上出来な写真を
残してくれますが、光が不十分な室内や暗所では
パフォーマンスがガクンと落ち、
ノイズが見られるようになります。

 

 

 

 

 

 

一方の5メガピクセル前面カメラは自分撮りには充分な
性能を発揮してくれます。手動で露出を調整したり、
HDRモードを活用すると一層良い自撮り画像が
撮れるでしょう。尚、カメラアプリは自分の好みのものを
選んでいいと思いますが、普段使っているアプリがないのなら、
基本グーグルカメラアプリでもの足りるはずです。
まとめますと、MOTO X PLAYのカメラ性能は
プレミアム端末には若干劣りますが(特に暗所でのパフォーマンスが)
普通に撮る分には申し分ないし、ミッドレンジ型にしては
良い方だと思います。

 

 

 

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):ソフトウェア

 

 

 

今はグーグル傘下ではなくレノボ傘下となった
MOTOROLAですが、純正アンドロイドとほぼ変わらない
ソフトウェアをインストールする伝統(?)は幸い
そのままのようです。だから既に最新版ANDROID 6.0 MARSHMALLOWへ
アップデートされていますし(米国版発売当初は
ANDROID 5.0 LOLLIPOPでした。)、
今後の素早いアップデートも期待できます。
勿論、MOTOROLAギャラリーやカメラアプリの追加など、些細な違いは
あるのですが、NEXUSシリーズ(NEXUS 5X / NEXUS 6P)を
除いてこれほど純正アンドロイドに近いUIは
ないです。SONYやSAMSUNG、LG、HUAWEIなどの
他アンドロイドメーカーと比較すると特にそう感じると思います。
お陰でユーザーインターフェースは非常にさっぱりしてますし、
スムーズですし、デザインはグーグルらしく、シンプルです。
普段、綺麗な純正アンドロイドを好む筆者が何故か
物足りなさを感じるくらいです。
少しくらいならMOTOROLA独自のテーマやスキンで
脚色してくれても良かったかも・・・脚色したらしたで
ゴニョゴニョ文句言っていたかもしれませんが。

 

 

 

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判:価格(値段)

 

 

 

Motorola Moto X PlayのSIMロックフリー端末価格は
約3万円台後半となっており、エクスパンシスで販売しています。
そしてMVNOの中ではBIGLOBEがセット端末として
扱っています。
アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)
Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判:結論

 

 

 

最近GALAXY S7 / S7 EDGEIPHONE SELG V10などの
プレミアム製品のレビューをしたりしてたのですが、
それらのプレミアム製品と比べると
全体的な性能が劣るのは致し方ありません。
でも、その分値段が安い上に、
適度なパフォーマンス、広大なスクリーン、
純正に近いソフトウェア、悪くないカメラ、そして
圧倒的なバッテリー持続時間を揃えているため、
ゲームをしないライトユーザー、特に長い
バッテリー寿命を求めている人には
魅力的な製品になると思います。
(記事作成日:2016-04-04)

 

 

 

アップデート:なのに、上には上が・・・・






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

Apple Watch Series 3の全て!スペック,価格,最新情報まとめ

iPhone 8とiPhone X発表!価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy Note 8のすべて!スペック、価格、最新情報まとめ

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, MOTOROLA タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

Motorola Moto X Playレビュー感想評価評判(SIMフリー):バッテリー最強 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Motorolaの超薄型スマホ「Moto Z & Play」の最新情報、ニュース – ひとりガジェット速報

コメントは停止中です。