NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価評判:完璧に近いタブレット

この記事は約3年前に書いたものをやや修正、再投稿したものです。

 

 

 

数年前、AMAZON(アマゾン)がKINDLE FIRE(キンドルファイア)を
発売しながらタブレット市場は変わりました。KINDLE FIREは
小さいスクリーン、そしてそれよりも小さい値段で現れたのです。
そしてその数か月後、APPLE(アップル)がRETINA(レティナ)
ディスプレイを搭載したIPAD(アイパッド)を発表しました。
iPAD RETINAは素晴らしかったです。
しかし私が待望していたタブレットは、高性能でありながらも
安いタブレットでした。
アイパッドに匹敵するパフォーマンスを見せてくれて、
それなのに価格は圧倒的に安いという・・・。
あり得ない話のようでしたが・・・。
現れたのです。NEXUS7という名をつけて。
感動しましたね。この値段でこのスペック!ウッヒョ~~~!
GALAXY TABシリーズも悪くなかったのですが、
値段の面でNEXUS7には敵いませんでした。
そして今回レビューする端末はその息子とも呼べる
NEXUS7(ネクサス7)新型2013(第2世代NEXUS7)です。
沢山の注目を集めたこの7インチ型タブレット、
果たして1年前と同じくアンドロイドファンを熱狂させることが
出来るのでしょうか?
調べてみます。

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):ビルド

 

 

 

NEXUS7は本当に軽いです。重量はたったの290gで、初代ネクサス7、
IPAD MINI(アイパッド・ミニ)、SAMSUNG GALAXY TAB等、
今までのどのタブレットよりも軽いです。
そして普通の手の大きさなら片手で操作することも可能です。
GOOGLE(グーグル)とASUS(エイスース)はベゼルを削って
タブレット本体をスリムに仕上げました。

 
素材はプラスチックです。しかしだからといって
安っぽい感じはしません。
触ってみると実に硬く、頑丈です。
他のライバル製品は殆ど端の部分が鋭い方ですが、
このネクサス7は先っちょが丸く処理されています。

 
電源/スリープボタンとボリュームボタンはタブレットを
縦モードにした時の右側面に配置されています。
そぐ横に並んでいるので音量を上げようとしたのに
誤ってスリープモードにしてしまう可能性も考えられます。
勿論逆もです。もうちょっと間にスペースがあったら
良かったのかも知れません。
その他には3.5mmヘッドホン端子、充電用microUSBポートが
装備されています。

 

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):ディスプレイ

 
新型NEXUS7のディスプレイは驚くほど鮮明です。
解像度は1920*1200ピクセルで画素密度は326ppiに及びます。
これはIPAD(264ppi)、NEXUS10(299ppi)よりも高い数値です。
お蔭でテキストも、画像も、動画も鮮やかで、見やすかったです。
ネクサス7のディスプレイ画質を表すには一言で充分だと思います。
素晴らしい!

 
iPAD MINI(アイパッドミニ)は世界で最も人気のある
タブレットの一つです。
しかしこのIPAD MINIと比べても、ネクサス7の画質は
後れを取りません。むしろNEXUS7画面の方が目に優しく、
長時間眺めていても疲れないと思いました。
(アップデート:当時のIPAD MINIはそうでしたが、
現世代IPAD MINI RETINAと比較すると話が少し変わるかも
知れませんね。)

 
16:10比率である新型NEXUS7(ネクサス7)のスクリーンサイズは
IPAD MINIや7インチ型GALAXY TAB 3より小さい方です。その上三つの
ナビボタンが物理ボタンではなく、オンスクリーンボタンに
なっているので実際に使用できるスクリーンの広さは
もっと小さくなります。
小さすぎるのでは?という声もありますが、
私はそうは思いません。十分なスペースだと感じました。
でも、そう感じる人がいても不思議ではないでしょう。
IPAD MINIみたいに7.9インチ型4:3スクリーンにした方が
よかったかも知れません。IPAD MINIの場合、画面がとても
広く感じられますし、なのに携帯性が優れています。
NEXUS7の場合は・・・自分みたいに十分だと思う人がいれば、
ちょっと物足りないと思う人もいるでしょう。
(ルート化(ROOTING)して、ナビボタンを除去したり
その代わりステータスバーを入れる方法もありますが・・。
リスクを伴うので一般の人にはおすすめできません。)

 

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):スペック(仕様)、性能(パフォーマンス)

 
けど、NEXUS7(ネクサス)2013新型の性能について文句を言う人は
いないはずです。ASUSはオリジナルネクサス7に
搭載されたNVIDIA TEGRA 3を捨て、QUALCOMM QUAD-CORE
SNAPDRAGON S4 PRO(クアルコム・クアッドコア・スナップドラゴンS4プロ)
チップを内蔵しました。クロックスピードは1.5GHz、メモリ容量は2GBです。
スペック(仕様)は華麗と言えましょう。

 
実際に使ってみたのですが、私は新型NEXUX7の性能に
何の文句も付けられませんでした。アプリケーションは
サクサク動作し、マルチタスクは快適で、
プレーした3Dゲームは全部スムーズでした。
アンドロイド4.3インターフェースも勿論、滑らかでした。
安いアンドロイド端末は性能がイマイチ、という時代は
もう過ぎ去ったようです。
新型ネクサス7によって。

 

 

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):バッテリー寿命

 
GOOGLEはバッテリー持続時間に関して「普通に使えば」
9時間程使えると発表しました。
自分が使ってみた感想・評価も・・・GOOGLEの発表内容と
大差なかったです。
9時間ぶっ続けで使うことはそうそうないので、
普通のユーザーなら一日は余裕で持つはずです。
一般的なウェブサーフィン、メール、LINE, FACEBOOK,
アプリケーション、軽いゲームや動画再生をするのであれば、
バッテリー寿命に関して不安を感じることはないでしょう。

 

 

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):ソフトウェア

 
新型NEXUS7 2013タブレットはANDROID 4.3を採用した初モデルです。
NEXUS端末が今までずっとそうだったように、この新型ネクサス7も
ピュアな純正アンドロイドOSを搭載しています。
メーカーのUIや通信会社のイラッとするような余計なアプリは一切入っていません。
今までのバージョンと最も大きな違いは、OpenGL ES 3.0です。
ゲーム開発者には強力なツールが出来たわけです。

 
ユーザーにとって一番の変化は、マルチアカウントに
対応するようになったことでしょう。
もし家族皆が一つのタブレットを共有しているのなら、これはデカいです。
KINDLE FIREだけは子供の使用を制限するユーザーアカウント機能を
提供していましたが、デスクトップPCと違って、
殆どのタブレットはマルチアカウントに対応していませんでした。
その理由はおそらく、マルチアカウントという機能が
メーカーにとって難しすぎたか、
それともタブレット製造会社がタブレット一台を
家族全員が共有することを望まなかったからでしょう。
でもこれからは、この新型ネクサス7によって、少しずつ
タブレット業界に変化が起きるかも知れませんね。

 
ユーザープロフィール設定は実に簡単。
設定メニューにスクロールし、新規アカウントを
登録します。普通のアカウントを登録したり、
アプリケーションの使用に制限のあるアカウントを
作ることが可能です。
とても使いやすく、一つのタブレットを共有して
使っている沢山の家族がこの機能を歓迎するでしょう。

 

 

 

おっと。カメラ忘れるとこでした。前作と違って
新型NEXUS7 2013年度モデルには5メガピクセルメインカメラと
1.3メガピクセルインカメラが搭載されているのですが・・・
正直しょぼいです。
ま、おまけみたいなものですからね。タブレットで写真を
撮る人はそうそういない・・・はず?

 

 

 

 

 

NEXUS7(ネクサス7)2013新型レビュー感想評価(評判):結論

 
ちょっと重くても、ちょっと分厚くても、
ちょっとデザインがダサくても、ちょっと性能が劣っていても、
ちょっとバッテリー寿命がしょぼくても、ちょっと解像度が低くても、
私は褒めていたでしょう。値段が値段ですから・・。
でもそんなことはなかったです。
2013年版新型NEXUS7新型はスバラシイです。
携帯性が良くて手に持つととっても軽く、薄いのが分かります。
内部スペック(仕様)は全て最新鋭。
画面は非常に鮮明で、文句の付け所がないです。
パフォーマンスもスバラシイ。
アプリを実行させると、そのスピードにビックリさせられるはずです。
そう、この新型NEXUS7(ネクサス7)はかなりイケテルタブレットなのです。
クアッドコアで、コンパクトで、垢抜けていて、
綺麗な純正ANDROIDを採用しています。
GOOGLEのフラグシップタブレットなので当然アップデートは
世界で一番早く行われるでしょう。
なのに・・・なのに・・・この価格。
もう他のアンドロイドタブレットはどうしろというのやら・・・。
値段を抑えるために殆どの格安タブレットは
何かしら妥協せざるを得ません。でもおそらく、今この時点で、
NEXUS7 新型は世界で最も妥協の少ないタブレットと言えるでしょう。
アンドロイドタブレットを購入しようと考えてる方は、
真剣に検討してみても良さそうです。

 

 

 

NEXUS7をセット端末として扱っているMVNO会社:DMMモバイル

(アップデート:現在DMM MOBILEでの販売は終了した模様です。)

 

 

 

 

SIMフリー端末やアクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

アップデート:このNEXUS7を凌駕するタブレットが現れたようです!それは・・・これです!

 

 

 

アップデート2NEXUS 5X / NEXUS 6P 登場!






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

Apple Watch Series 3の全て!スペック,価格,最新情報まとめ

iPhone 8とiPhone X発表!価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy Note 8のすべて!スペック、価格、最新情報まとめ

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, ASUS タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク