OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:今のうちですよ!


<<今話題の記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!



*スポンサードリンク*





お知らせ

1.安い!安すぎます!現在楽天モバイルでは 高性能&格安スマホを
最大97%オフで買える冬の特価セール実施中です。 対象端末は
Huawei Mate 9Zenfone 3P9 LiteP8 LiteLiquid Z530
Honor 8Zenfone 2 LaserZenfone 2Zenfone Max等です。

2.海外SIMフリー端末を専門的に扱うエクスパンシスでは
MOTO Zスペシャルセールを行っています。
V20Mate 9OnePlus 3Zenfone 3/UltraGalaxy S7 Edge等も販売中です。

3.ソフトバンクへの乗り換えでどこよりも高い キャッシュバックが貰える
おとくケータイ.netには Xperia XZXperia X PerformanceNexus 6P等の新端末、
そして「あの話題の端末」などが続々入荷中です。

4.U-mobileでは最大2ヶ月無料トライアル実施中です。

5.UQモバイルではぴったり/たっぷりプランの契約で
Zenfone 3/Laser/Ultra等の端末代を最大1万円引きとなります。

6.Nifmoでは音声通話対応タイプ/10GBプランのお申込みで
15,000円キャッシュバックとなります。

7.BIGLOBEでは音声通話SIM「ライトSプラン」又は「12ギガプラン」 お申込みで
プラン月額料金が6ヶ月間値引きされます。

8.エキサイトモバイルでは特典対象プランのお申込みで
最大28,000円キャッシュバックが貰えます。

9.楽天カードに楽天ポイント機能がつきました。



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

中国のOnePlus社は日本ではあまり知られていませんが、
海外、特に欧米では高性能でパワフルな
格安スマホを作ることで有名な会社です。
2014年に発表されたOnePlus Oneはお手頃価格なのに
プレミアムフォンに負けない性能を備えていたので
業界には衝撃を、消費者には喜びを与えました。
OnePlusの招待状を持っていなくては買えなかったので
欲しい人皆が買うことはできなかったのですが・・
今は世界中に販売店も増え、買おうとすれば
最新モデルを買うことが出来ます。
今までの製品に問題が全く無かったわけではありません。
しかしOnePlusはそれらの問題点を毎年改善させ、
ファン層を増やしてきたので今回発表されたOnePlus 3には
世界中の沢山の人々が注目するようになりました。
それでは早速、値段は若干上がったものの、今でも
他メーカーのハイエンドフォンよりは安いOnePlus社の
最新作を分析してみることにします。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

OS:Android 6.0(+OxygenOS)
CPU:Qualcomm Snapdragon 820 2.15GHz クアッドコア
ディスプレイ:フルHD(1920*1080)Optic AMOLED有機EL(ゴリラグラス4)
メモリ容量:6GB
ストレージ:64GB
バッテリー容量:3000mAh
カメラ:1600万画素メインカメラ、800万画素サブカメラ
面積:152.7*74.7*7.4mm
重さ(重量・質量):158g
SIMタイプ:NanoSim(デュアルSIM対応)

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 


 

 

 

OnePlus 2の背面にはOnePlusの象徴とも言えるサンドペーパーが
貼られており、比較的厚く、重い方でした。
しかしOnePlus 3は違います。滑らかなメタル素材が
背面に装着され、ゴージャスなデザインへと変化しました。
背面を見るとOnePlusロゴはそのまま残っており、
その上にiPhoneやHTCフォンでよく見られるアンテナ線があります。
カメラは少し突っ張っています。表面はラウンド形状で
優雅な曲線を描いており、お陰でフィット感は抜群です。
質感も非常にスムーズであり、使っていない時でも
ずっと触っていたい衝動に駆られます。
前面部にはなんと、5.5インチサイズのディスプレイが
位置しています。SAMSUNG/LGのフラグシップフォン、
GALAXY S7LG G5よりも大きいです。
なのに本体のサイズはそんなには変わらない印象で、
重さ(質量・重量)も158gでほぼ同じ、
他メーカーの同サイズのスマホと比べると
軽い方です。それに厚さなんか前述した
LG G5より薄いです。画面サイズにしては
とてもコンパクトなスマホと言えそうです。

 

 

 

前面部はディスプレイの上に前面カメラ、下にホームボタン
(タッチ式。底には指紋認証センサーが内蔵されています)
という至ってシンプルな構成。
ボタンの配置は右側面に電源ボタンとSIMカードトレー、
左側面に音量ボタンと3段階アラートスライダー
(スライドすると優先する通知だけ受信したり、
マナーモードに切り替えられます)、
上面部には何もなく、下面部はスピーカー、
イヤホンジャック、USB TYPE-Cポートとなっています。
まとめますと、HTC 10みたいにスタイリッシュで、
Huawei P9のように大人っぽく、iPhone7みたいな
さわり心地を揃えていると言えそうです。
個人的な意見ですが、OnePlus 3より遥かに
値段の高いプレミアムフォンと比べても
ちっとも見劣りしない洗練されたデザインだと思います。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

ワンプラス3にはフルHD(1920*1080ドット)の
Optic AMOLED有機ELディスプレイが搭載されています。
Optic AMOLEDとは何か?
・・・・・・実は筆者も良くは知らないんですが・・。
OnePlusのCEO、Carl Pei氏の説明によると、
Samsungが供給するこのスクリーンは両極レイヤーを
採用、カラー温度やコントラストが既存有機ELパネルよりも
改善されているそうです。
実際に見てみると確かに発色が良いのがわかります。
青は凄く青で(例えば青い空)、緑は凄く緑(葉っぱとか)、
黒は凄く黒です。でも強烈過ぎるとか、
オーバーだとは思えず、カラーが
通常のディスプレイよりもやや濃い、といった印象です。
このような派手な色あいを好きな人がいれば、
鮮やかさでは劣るけどナチュラルな色あいを好む
人もいるでしょう。
輝度、コントラスト共に高いので日差しの下でも
難なく操作できますし、見やすく、レスポンスも
速いため、GALAXY S7と同格・・・とまではいきませんが、
相当高い水準のディスプレイだと思います。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:性能

 

 

 

直前にレビューしたXperia XZもそうですけど、
Qualcommの最新鋭チップ、Snapdragon 820を
搭載したスマホは速いですね。本当に速い。
GALAXY S7も、LG G5も、HTC 10にも内蔵されている
このプロセッサーにより、ワンプラス3は
それらと同等のパフォーマンスを見せてくれます。
それに、メモリ容量も業界最大級の
6GBを内蔵しているため、複数のアプリや
ゲームを実行したり、どんなに重いマルチタスクを
してもカクカクする場面は一切見られません。
少しだけ残念なのは、メモリ容量はスピードとは
関係ないので前述したライバルメーカーの
ハイエンドフォンより速度が劣ってはいないものの、
優れているとも言えないということです。
また、現時点では4GB RAMに対応するアプリが殆どで
6GB RAMをフル活用するアプリは少ないです。
従って4GBと比べると、6GBのメリットはそう高いとは言えません。
この点は今後ソフトウェアのアップデートや
最新アプリの開発により徐々に状況が変わっていくと思います。
勿論、OnePlus3に良い方向に(にやり)。
ともかく・・OnePlus3は業界最高レベル(もしくは業界最高)
の性能を持っており、最新3Dゲームでも画面転換でもUI操作でも
重いアプリでも高画質動画再生でも何でもかんでも
サクサク動作するのでユーザーは快適なアンドロイド環境を
楽しめるはずです。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:バッテリー

 

 

 

3000mAhというバッテリー容量は画面サイズを考慮すると
そこまで大容量とは言えません。しかし省電力性の優れた
AMOLED有機画面のお陰か、もしくは最新Android 6.0システムの
お陰か、それとも両方ともかはわかりませんが、
意外と駆動時間が長かったです。
ライトユーザーである筆者は大体二日に一回程度の充電で
間に合いました。
動画鑑賞やゲームをガンガンするヘビーユーザーでも
一日位なら大丈夫でしょう。大体1時間で約10%程
バッテリー量が減る感じでした。
驚くような数値ではありませんが、不満を抱く程
でもありません。
それに、USB TYPE-Cポートなので(残念ながらUSB 2.0対応のようですが)
充電速度が一般のより速いです。Dash充電と言って、
同じスマホメーカーであるOppo社の充電技術を
採用(ちなみにOnePlusの社長さんがOppsの副社長だそうです)
しているため、空っぽから満タンまで約1時間20分という
素晴らしい速度を見せてくれます。
緊急時なら30分だけ充電しておくと半分以上の
バッテリー容量を使えるようになります。
ま・・・悪くないんじゃないですか?

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

最近のスマホメーカーが作るカメラは高性能で、
それぞれの特徴も備えています。例えばHuawei P9
デュアルレンズカメラ、LG G5は広角レンズ、
GALAXY S7/S7 EDGEは暗所でのパフォーマンス、
iPhone 7はナチュラルなカラーです。
こんな強豪たちと競わせるのはOnePlus 3にとって少し
酷かもしれません。値段の差がありますから。
それでも無慈悲な筆者は容赦なく比べてみることにしました・・・。
結論を先にいいますと、「OnePlus3のカメラ性能は
優れているが、この分野でトップ機種にはやや劣る」です。

 

 

 

OnePlus 3にはOIS(光学式手ぶれ補正機能)が搭載された
1.28インチのf/2.0・16メガピクセルSONYカメラセンサーが
装備されています。様々な部分が改善され、OnePlus2の
アップグレード版には間違いないですが、
業界最高スマホカメラと並ぶには少々難があります。
それは暗所でのパフォーマンスが彼らに比べ、劣るからです。
光が充分な環境でメインカメラが作り上げる静止画は
先程述べたハイエンドスマホらと大差ありません。
鮮明で、被写体がくっきりしていて、
ディテールを上手に再現します。
撮影した画像をズームインしても細かい部分まで
しっかり写っているのがわかります。
しかし、暗い場所だとそのクオリティは低下、
ノイズが見られるようになります。

 

 

 

OnePlus3のカメラUIはマニュアルモードを提供します。
従って、シャッタースピードやISO、カラー温度、
ピント合わせ等を調整できますが、
オートモードがしっかりしているため、カメラ用語が
よくわからないとか、設定するの面倒くさいという人は
オードモードで適当に撮っても良いと思います。
Huawei P9と比べるとこの点が非常に便利です。
P9は殆どの場合、マニュアルモードで
撮った方が良い結果を得られるため、
より良い写真を撮るためにユーザーが
一つ一つ調整する必要があります。
でもOnePlus3はオートモードで適当に撮っても
マニュアルモードできっちり調整したのと
大して変わらないくらい立派な写真を撮ってくれます。
物凄くカメラに凝っていない限り、OnePlus3の方が
ユーザーにとっては便利なはずです。
カメラアプリは6GBという膨大なメモリ容量を
フル活用します。使いやすく、快適で、
RAW形式にも対応します。

 

 

 

f/2.0の8メガピクセルサブカメラは自撮りという一番の
目的を難なく果たしてくれます。ハイエンドスマホカメラに
負けない立派な前面カメラセンサーです。
明るい場所でも、暗い場所でも鮮明な静止画、
もしくは動画を撮ってくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

ワンプラス3はAndroid 6.0 OSを採用しており、
その上に独自のOxygenOSが被さっています。
独自OSと言っても、NEXUS 5XNEXUS 6P
搭載された純正アンドロイドとあんまり変わりません。
これはSAMSUNGやHUAWEIのOSと大きく異なる点です。
アプリ箱(ドロワー)が残されており、アイコンも、
設定画面も、クイックパネルも純正アンドロイドと
ほぼ一緒です。OnePlusがプリインストールした
独自の音楽プレイヤー、動画プレイヤー、ギャラリー、
ファイルマネージャーアプリはありますが、
それだけ。筆者のようなピュアなアンドロイドを
好むユーザーはすぐ気に入るはずです。
一部中華スマホ(Xiaomi Miとか)に見られる互換性も
問題ないようで、グーグルプレイでダウンロードした
幾つかの有名アプリは全て問題なく作動しました。
タッチスクリーンの反応も俊敏です。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:その他

 

 

 

指紋認証センサーは今までレビューした最新端末に
比べると少し不自然です。
機能に問題がある、というわけではないのですが・・・
なぜか不自然。
性能自体は素晴らしいです。凄く速く、的確に
認証してくれます。なのに不自然に感じてしまうのは多分、
OnePlus 3が軽く、本体がスベスベしているからだと思います。
滑らかすぎて落っことしてしまう危機が
何度かありました。それに緊急ボタンがセンサーの
すぐ上にあるので誤ってタッチしまう可能性もあり、
注意が必要でした。自然に指を置けないです。
これらが違和感の原因ではないかと・・・
ま、慣れれば大丈夫だろうと思いますが。

 

 

 

NFCが遂に搭載されました。日本ではまだ環境が
整っていませんが・・とにかく・・
Android Payを使えるようになりました。

 

 

 

ストレージは64GBを提供、その中で53GBを自由に
使えます。残念ながらマイクロSDカードには
対応しません。個人的には十分な容量だと
思いますが、動画やゲームをガンガンする
ヘビーユーザーなら少ないと感じるかも知れません。

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:価格(値段)

 

 

 

OnePlus 3はエクスパンシスでSIMフリー版が
販売されています。価格は現在5万円弱となっています。

アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

OnePlus 3(ワンプラス3)レビュー感想評価評判:結論

 

 

 

 

 

 

遂に来たわけです。
格安スマホを買うお金で最高級ハイエンドフォンを
買える時代が。
何を迷っていらっしゃるのです?今のうちですよ!今のうち!
いつ在庫が切れるかわかりません。
低照度時のカメラ性能が若干GALAXY S7 EDGELG G5
劣る点(それでも他メーカーのフラグシップと
ほぼ同格です。)、microSDカードが無いので
ストレージの拡張が出来ない点(それでも基本容量が64GB)を
除けば、この記事で何度も例にあげた業界最高レベルの
ハイエンドスマホとほぼ一緒です。
それにデザインは垢抜けていて値段は遥かに安い、と来ました。
S某会社のデスノートみたいに「爆発する(!)」みたいな
とんでもない問題がみつからない限り、迷う必要は
ないと思います。
(記事作成日:2016-10-19)






*スポンサードリンク*







最新記事

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





格安スマホ&ガジェット情報

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

最高のディスプレイとサウンド!?LG G6の最新情報をまとめます!

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!

2017年発売!Samsung Galaxy S8/Edgeの最新情報をまとめました!

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

iPhone7 Plus:迷う必要なし

iPhone7:かっちょいいけど

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPhone SE : 4インチ最強

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

2016年に発売予定のスマホ,タブレット,パソコンは?

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

MICROSOFT SURFACE PRO 4:ペコペコ

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

IPAD MINI 4:確かなアップグレード

IPHONE 6S / IPHONE 6S PLUS:地球代表!

LENOVO YOGA TABLET 2:格安なのに高クオリティ

ASUS ZENFONE 2 LASER:レーザービーム!

KINDLE PAPERWHITE 2015レビュー

HUAWEI P8Lite:惜しい!

MICROSOFT SURFACE 3 :遂に使えるようになった!

ASUS MEMO PAD 7(ME572CL)LTE SIMフリー版:さらばNEXUS7(ネクサス7)!

ASUS ZENFONE2(ゼンフォン2):最強伝説

ASCEND MATE 7:超おすすめ6インチ型スマホ!

ASUS ZENFONE5(ゼンフォン5):コスパの王様!

LG G2 MINI(G2ミニ)D620J:ミニなのにミニじゃない!

Huawei Ascend G620S(アセンドG620S):無難な格安スマホ

LG G3 BEAT:モタモタしてちゃダメ!

Huawei Ascend G6(アセンドG6):残念なディスプレイ

ZTE BLADE VEC 4G:コスパの女王様!でも唯一の弱点は・・・

Huawei MediaPad M1 8.0 LTE(メディアパッドM1):悪くはないけど・・

NEXUS5(ネクサス5):アンドロイド代表スマホ。全てを許します!

NEXUS7(ネクサス7)2013新型:完璧に近いタブレット。なのにこの値段は・・





カテゴリー: 全体記事, その他 タグ: , , , , , , パーマリンク