Surface Bookレビュー(サーフェスブック)感想評価評判:価格も性能も高!


<<今話題の記事を紹介します!(随時更新)>>(記事本文は下)

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

新型Surface Pro(2017):価格を見ると

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

Nokia 3310(ノキア3310)発売

HuaweiがHonor 6AとHonor Band A2を発売

Googleが4K 55インチタッチスクリーンのJamboard発売,スペック(仕様)は?

LGがRUGGEDスマートフォン、X VENTUREを発表

Galaxy S9/Plusの発売日,価格,スペック,最新情報まとめ!



*スポンサードリンク*





お知らせ

1.楽天モバイルでは対象端末が最安880円からの スプリングセールを実施中です。
また、一人契約すればもう一人の基本料無料(最大1年間)、
iPhone見せたら3ヶ月基本料無料などのキャンペーンを行っています。
さらに楽天カードに入会すれば7000ポイントが提供されますが、
これを端末費用のお支払に利用できます。

2.ソフトバンクへの乗り換えでどこよりも高い
キャッシュバックが貰える
おとくケータイ.netXperia XZXperia X Performance
Nexus 6P等の新端末、そして「あの話題の端末」などが
続々入荷中です。

3.海外SIMフリー端末を専門的に扱うエクスパンシス
Galaxy S8LG G6BlackBerry KeyOneなどの
端末が販売中です。

4.LINEモバイルで3GBデータ増量キャンペーン実施中です。

5.Nifmoでは音声通話対応タイプ/10GBプランのお申込みで
15,000円キャッシュバックとなります。それだけでなく、
基本料金最大3ヶ月無料キャンペーンも実施中です。

6.BIGLOBEではSIMのみ申し込むと5000円、スマホ+SIMだと
13,000円のキャッシュバックが貰えます。



*スポンサードリンク*





*******************************************************************
ここから本文です。



 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)は
マイクロソフトが初めて披露するプロ向けの
「ハイブリッド(2-in-1)ウルトラパソコン」です。
クリエイティブな作業はこれで全部こなせるとマイクロソフトは
自負しています。しかも簡単に本体をキーボードから外すことができ、
タブレットとしても使えるそうです。
さらに、ペンが付いているので気軽にメモを残したり
絵を描くことが可能で、外付けグラフィックカードを
搭載、高性能グラフィックを要求するアプリも
使用できるといいます。これだけ見ればまさに究極の
ハイブリッド製品と呼べそうですが、
果たして実際の姿はどうなのでしょう?
これから詳しく調べてみます。

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

 
CPU:第6世代Intel Core i5/i7プロセッサー
ディスプレイ:13.5インチPixelSenseスクリーン(3000*2000ドット解像度・267ppi)
3:2画面比、10点マルチタッチ対応
OS:WINDOWS 10 PRO
面積:312.3*232.1*13.0~22.8mm
重さ(重量・質量):1.5kg(基本モデル・キーボード含む)
ストレージ:128/256/512GB
バッテリー寿命:12時間の動画再生に対応
グラフィック:i5(Intel HDグラフィック)、i5/i7(Nvidia GeForce GPU 1GB GDDR5)
メモリ容量:8/16GB
接続性:802.11ac WI-FI無線、IEEE 802.11 a/b/g/n互換、Bluetooth 4.0
ポート:フルサイズUSB 3.0(2基)、フルサイズSDカードリーダー、
ヘッドセット端子、ミニディスプレイポート
カメラ:800万画素背面カメラ(1080P HD動画録画)、
500万画素前面カメラ(HD動画録画)
その他:顔面認識機能、ステレオマイク、ステレオスピーカー

 

 

 

 

 

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 
明るいシルバーカラー、マグネシウム金属素材、
ポンポンポンポン穴が開いている側面。
これを見てMACBOOK(マックブック)と間違える人は多分、
いないでしょう。このデザインを好きか嫌いかは別として、
マイクロソフト独自の洗練されたデザインなのは
間違いありません。
そしておそらく、嫌いな人よりは好きな人の方が
多いのでは?銀色の大人っぽくて今風の
デザインは高級感があります。
重さは・・・結構ある方です。でも膝の上にのせると
全体的に重量のバランスが良いためか、
安定的に使うことができます。
キーボードとの結合はスムーズですが、
一般ノートPCのように天板(・・・)を下げると
ディスプレイとキーボードの間に空間が
生じます。完全には閉まらないんですね。
個人的には大した問題ではないと思いますが、
ほこりが気になる人はイヤかも知れません。
尚、開ける時は掴む場所が微妙なので面倒です。
普通のパソコンならまだしも、高価端末なんだから
こういう細かい部分にもうちょっと気を配って欲しかったです。
裏面の中央にはウィンドウズロゴが刻まれています。が、
APPLEロゴのようにライトが点いたりはしないようです。
SURFACE BOOKは13インチ型ノートパソコンにしては軽い方です。(1.5KG)
でもタブレットとしては・・・。ふむふむ。
まぁぁぁぁぁ13.5インチ画面を装備しているんですから
仕方ないといっちゃ仕方ないんですけどね・・。
IPAD PRO(アイパッドプロ)ともそんな変わらないですし。
けれどもこれを常に一般タブレットのように持ち歩くためには
相当の腕力が必要そうです。
サーフェスブックの左側面には二つのUSB 3.0ポートと
SDカードリーダー、右側面にはミニディスプレイポートと
ドックにつなげるサーフェス接続ポート、
上部にはオーディオジャックが位置しています。
(この配置はタブレットとしてはいいかも知れませんが
パソコンとして使うにはやや微妙ですね。特にオーディオ端子。)
最も注目されて機能の一つは簡単に本体をキーボードに
くっつけたり外せることですが、確かにスムーズではあるものの、
スピーディーとはいえないです。なぜなら、外すときは
取り外しキーを押し、「準備できましたよ~~ん」
というメッセージが出るまで(約数秒?)待つ必要があるからです。
メッセージが表示されたら・・・まぁ、簡単に
取り外せますけど。
なぜSURFACE PRO 4(サーフェスプロ4)みたいに
即座に取り外せないのか・・・(そもそも繋がってませんが)
それはおそらく、SURFACE BOOKに新しく導入された
外付けグラフィックカードがキーボードに
内蔵されているからだと思われます。
GeForceグラフィックカードを使用するアプリを起動中の時に
外そうとすると、一端アプリを終了しろ、
というメッセージが表示されますから。
うむむ、これはちょっと面倒ですね。
その代わり装着されている時は他機種に見られない
安定感があります。
SURFACE BOOKをタブレットモードにして映画を鑑賞したり
ゲームをプレイするのは楽しいことです。
13.5インチという大画面ですからね・・。迫力があります。
しかし・・・・・・重い。
長時間持つのは到底無理です。
やはりマイクロソフトが当初示した通り、ゲームとかよりは
ノートをとったり絵を描くという目的により
合っているようです。これはSURFACE PRO 4との
一番の違いと言えます。SURFACE PRO 4は
ナニハトモアレ、タブレットとして利用できるように
設計されています。レビューでも明かしましたが、
一般のタブレットと比べると引け目があるけどタブレットとして
充分使えます。しかしSURFACE BOOKはあくまで
パソコンがメインであり、取り外してタブレットとして使うのは
おまけみたいな感覚になっています。
自分が作成した文書、資料、図表などをすぐ他人に見せれるので
プレゼンテーション用としてはピッタリだと思うんですけどねぇ・・。
重さが重さだけに、SURFACE BOOKはあくまでもパソコン、
と認識した方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

 
明るい、カラフル、鮮明。サーフェスブックの
13.5インチスクリーンを表す3つの形容詞です。
3000*2000ドット解像度というのは奇妙な数値では
ありますが、今まで見たディスプレイの中でも
トップクラスに入るくらい綺麗な画面を提供します。
特に4K動画を見ればその威力を実感できると思います。
細かい所までしっかり映っていて、臨場感があります。
それに視野角も広くて2,3人で一緒に見ても良さそう・・。
輝度も十分で、タッチへのレスポンスは(これも)今までの
ウィンドウズデバイスの中で最高クラスに入るくらい速やかです。
画面転換、スクロール、ズームイン・アウト、アプリの起動など、
基本動作もごく滑らか。
唯一引っかかるのは画面比が3:2だということ。
個人的にはこっちの方がしっくりきますが、
映画を頻繁に見るユーザーには16:9比の方が
良かったかも知れません。

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:キーボードとタッチパッド

 

 

 

 
キーボードは快適でした。タイプ感も中々。
キーボードバックライト、音量調整などの機能キーも
ちゃんと作動します。マイクロソフトらしい、
完成度の高いキーボードだと思います。
タッチパッドはカーサーを動かすときはスムーズでしたが
ウェブサイトでスクロールするときは若干もたつきが
見られました。特にCHROMEを使っている時。
また、これは慣れの問題かも知れませんが、
誤って右クリックをしてしまう場合も多かったです。
それ以外は快適でした。
様々なジェスチャー機能があるのは嬉しいことですが、
全体的なタッチパッドの出来はまずまず、といった所でしょうか。

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:ペン

 

 

 
SURFACEデバイス最大のウリ、かもしれない(?)
サーフェスペンは相変わらず見事な性能を見せてくれます。
IPAD PROと違って本体の側面に磁力で
くっつくので、使わない時どこに置くべきか
迷う必要がありません。
また、ショートカット機能は実に便利で、
一回押すとONE NOTEアプリが立ち上げられ、ずっと
押していると音声命令を下せるWINDOWS 10のCORTANA
(コルタナ)機能が作動します。
筆圧を1024段階まで検知する超高感度ペンは
言うまでもなく速やかで繊細な反応を見せてくれます。
手のひらの接触を防ぐPALM REJECTION機能も文句なし。
なぜかPHOTOSHOPアプリを使用している時偶にカクカクしたり、
道具アイコンが小さすぎてタッチしにくかったり
しましたが、それ以外はスラスラスラスラでした。
恐るべしサーフェスペン。

 

 

 

 

 

 
Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:性能(パフォーマンス)

 

 

 
マイクロソフト・サーフェスブックにはIntelの
第6世代Core i5/i7プロセッサーと8GB/16GB RAM、
128/256/512GBストレージSSDが内蔵されていて、
外付けGeForceグラフィックをオプションで
選択できます。スペックを見れば分かる通り、
そのパフォーマンスはスピーディーかつサクサクです。
外付けグラフィックカードはイラストレーターや
プレミアなどの高グラフィックを要求するアプリ、
もしくは最新3Dゲームを楽しむために必要となるでしょう。
けど、なくてもWORLD OF WARCRAFTを1080P(43fps)位で
プレイ出来るなど、基本内蔵INTELグラフィックの性能も
悪く無い方です。(ちなみにGeForceグラフィックが
付いている場合はフレームが1080p・82fpsまで上がります。
3200*2000ドットという超高解像度でも47fpsでプレイ可能)
それでも、やはり3Dゲームを主に楽しむのであれば、
あった方がいいですね。

 

 

 

 


 

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

 
しつこく言っているようですが、タブレットや
パソコンに付いているカメラに大した意味は無いのでは?
SURFACE BOOKで皆が感嘆の吐息を漏らすような素晴らしい写真を撮ろう!
と意気込む人は少ないはずです。物体を識別できるくらいなら
いいと思うし、SURFACE BOOKのカメラもそのくらいの
性能は持っています。背面カメラも、前面カメラも、
到底最近のスマホカメラのレベルには達していませんし、
ノイズも結構見られますが・・
まぁ、ビデオチャット用としては使えるレベルです。

 

 

 

 

 

 

 
Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:バッテリー寿命

 

 

 
ネットでのユーザーの口コミなどをみると、
Core i5、内蔵グラフィックモデルの場合、
12時間の連続動画再生時間をマークしたといいます。
WI-FI接続時のウェブ閲覧は12時間半も
利用できたそうです。直接計ってはいないので
正確なバッテリー駆動時間はわかりませんが、
一日使ってみた筆者の感想は「大体そんな感じかなぁ」でした。
自分はライトユーザーなので頑張れば三日も充電抜きで
使えそうです。間違いなく、今までレビューした
端末の中で最長レベルのバッテリー寿命と言えるでしょう。

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

 
いくらSURAFCE BOOKがタブレットには
向いてないとガジェット博士が主張しても、
殆どのユーザーはサクッとそれをスルー(無視)して
遠慮なくタブレットとして使うことでしょう。
特に映画好きなユーザーなら少なくない時間を
タブレットモードに割愛すると思います。
そうなるとちょこっとだけ問題が・・。
パソコン版フルWINDOWS 10は立派なOSです。
立派なだけでなく、全世界を支配している
OSといっても過言ではありません。
数十年間の歴史があり、数千、いや数万以上の
多様なアプリが蓄えられています。
でもモバイル版ウィンドウズは違います。
今後どうなるかはわかりませんが、今の時点では
iOSやANDROID程快適なモバイル環境を提供しているとは
思えません。それに、ウィンドウズストアにあるアプリは
最初の頃とは比べ物にならないくらい量が増えていますが、
それでもパソコン版ウィンドウズは勿論、
iOSやアンドロイドにも太刀打ち出来ない状況です。
え、なら別にパソコン版のウィンドウズアプリを
使えばいいんじゃないの?
はい、その通りです。でもタブレットは
タッチで操作する方が便利なんですね。
フルウィンドウズ版のアプリは画面タッチに対応しませんし・・。
いざという時はキーボードやマウスが必要になるかも・・。
ま、タブレット、スマートフォンでも使える
ユニバーサルアプリがありますし、基本的なアプリは
大体揃っていますのでそれほど深刻な問題だとは思いませんが、
一応タブレットモードで使う場合、
このような短所があることを覚えておいて下さい。

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:価格(値段)

 

 

 
Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)の
価格(値段)は以下の通りです。(全て税込み)

 

 

 

SURFACE BOOK(CORE i5/8GB/128GB SSD)教育用:法人向け171,120円
SURFACE BOOK(CORE i5/8GB/128GB SSD)一般版:204,800円/法人版:190,800円
SURFACE BOOK(CORE i5/8GB/256GB SSD/GeForce搭載)一般版:249,800円/法人版:235,800円
SURFACE BOOK(CORE i7/8GB/256GB SSD/GeForce搭載)一般版:269,800円/法人版:255,800円
SURFACE BOOK(CORE i7/16GB/512GB SSD/GeForce搭載)一般版:344,800円/法人版:330,800円

 

 

 

販売はマイクロソフトで行っています。

アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

Microsoft Surface Book(マイクロソフトサーフェスブック)レビュー感想評価評判:結論

 

 

 
今までごちゃごちゃ垂らしたように些細な不満点はあるのですが、
それでも現時点で最高のウィンドウズ端末であることには
間違いありません。鮮やかで俊敏に反応するタッチディスプレイ、
他の追随を許さないバッテリー持続時間、快適なパフォーマンス。
卓越したキーボード、驚異的なペン、洗練されたデザインは
高い完成度を物語ります。
MACBOOKとは異なる多彩な魅力がそこにはあります。
パフォーマンスに負けないくらい高い値段が問題ですが・・・。
それを無視できるのであれば、高性能ウィンドウズパソコンを
探している人にこのSURFACE BOOKを迷わずおすすめできそうです。
え~~それでもちょっと高すぎなんじゃ?
と思う人にはもうちょっと安くて軽く、タブレットに近い
SURFACE PRO4という選択肢もあります。
値段が値段なんで、購入を考えてる方は他機種と比較しながら
じっくり検討してみてください。






*スポンサードリンク*







最新記事

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

Nokia 3310(ノキア3310)発売

HuaweiがHonor 6AとHonor Band A2を発売

Googleが4K 55インチタッチスクリーンのJamboard発売,スペック(仕様)は?

LGがRUGGEDスマートフォン、X VENTUREを発表

Snapdragon 845とKirin 970のスペック(仕様)がリーク!?

機能が追加されたTelegram 4.0リリース

Google Pixel Launcher(ピクセルランチャー)がGoogle I/Oに登場

GoogleがAndroid Go(アンドロイドゴー)とVR Standaloneを発表

GoogleがiOSにAssistantリリース,Play ProtectとKotlin対応も発表

2017/2018年発売!?Apple Watch 3の最新情報をまとめました!

今回も爆発!?Galaxy Note 8の最新情報をまとめました!

そろそろ発売!iPad Pro 2の最新情報をまとめました!

2017年発売!Apple iPhone 7S/8の最新情報をまとめました!

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

ガジェット博士へ行く





ガジェットレビュー

新型Surface Pro(2017):価格を見ると

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

格安スマホ比較へ行く





カテゴリー: 全体記事, MICROSOFT タグ: , , , , , , , , , パーマリンク