Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:未来型スマホ

 

中国のスマホメーカー(かつ家電メーカー)である
Xiaomiが興味深いスマートフォンを作り上げました。
前面部全体がディスプレイ、という斬新なスマホです。
数年後には皆がこのようなスマホを持ち歩いているかもしれない、
という未来型スマホだそうですが、実際、
どんな品物なのでしょう?これから探ってみます。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 

プロセッサー:2.35GHz Qualcomm Snapdragon 821チップ
GPU:Adreno 530
ディスプレイ:6.4インチIPSスクリーン2040*1080ドット解像度(362ppi)
メモリ/ストレージ:4GB(128GB)/6GB(256GB)
カメラ:16メガピクセルメインカメラ、5メガピクセルサブカメラ
面積:158.8*81.9*7.9mm
重さ(重量・質量):209g
バッテリー容量:4400mAh
OS:Android 6.0 Marshmallow
カラーバリエーション:ブラック
その他:USB TYPE-C、デュアルNANO SIM、3.5mmイヤホン端子

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 

デザインのユニークさでXiaomi Mi MIXの右に出るものは
いないでしょう。
何しろ世界唯一の(前面部)オールスクリーンフォンですから。
ベゼルが見えません。(いや、実はあるんですが
薄すぎてないように見えます。)
前面にはドカ~~ンと画面だけ。
お陰でちょっとシンプル過ぎる感も否めませんが、
大人っぽく、全体的に新鮮で目立つデザインだと思います。
(しかし多き過ぎてタブレットと勘違いされる可能性大!?)
それだけでなく、右下部に下がっている前面カメラも
目に付きますし、セラミック素材を使用している点も
ユニークです。セラミックをスマートフォンの
ケース素材として使用しているメーカーは極稀で、
OnePlusが一部機種で使用したくらいです。(OnePlus X)

 

 

 

 

 

 

Apple Watch Series 2にも導入されたこの素材は
熱に強く、非常に硬度が高いですが、残念ながら割れやすいという
短所を持っています。だからXiaomi Mi MIXを使用しながら
傷が付く心配はしなくていいと思いますが、落としたら・・・
惨事が起きるかもしれません。
なのに・・これが・・すっごくつるっつるで
滑りやすいんですよねぇ・・・。
それに指紋も残りやすい感じです。
しかし!心配はご無用。これをXiaomiも認知していたのか、
革製のカバーを箱に同梱しています。このフィット感が
中々であり、被せると滑りにくくなりますし、
指紋がつくのを防いでくれます。
ただ、このカバーは結構厚いんで指紋認証が
使いにくくなるという短所があります。結局はロック画面の
解除のため、パスワードやパターン方式を
利用することになると思いますが・・・
ふむふむ、タダで入っているものにあまり文句は
つけたくないんですけどね・・・。
この点が不満な場合は他のカバーを探すしかないです。

 

 

 


ボタンの配置は電源と音量ボタンが右側面に、
メインカメラと指紋認証センサーが背面の
通常より少し下に位置しています。
イヤホン端子は上面部に、USB-Cポートと
マイク、スピーカーは下面部に配置されています。
じっと筐体を眺めていながら思うのは・・やっぱデカイ。
158.8*81.9*7.9mmという面積は確かに大きいですし、
209gという重量(質量)も軽いとは言えません。
片手での操作はほぼ不可能と考えて良いでしょう。
スマートフォン兼タブレットとして使いたい
ユーザーには打って付けだと思いますが。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 

Xiaomi Mi Mixの最大の特徴は誰が何と言おうが前面部を占める
ベゼル無きスクリーンと言えます。でもこれ、解像度が
1080pなんですよね。正確には1920*1080ではなく2040*1080ですけど。
(17:9画面比なんで普通より横幅がちょっと長いです。)
いつもスマホはフルHDで充分!フルHDで充分!と叫んでいた筆者ですが、
正直こればかりは(せっかくなんだから)QHDにして欲しかったです・・。
6.4インチという大画面とQuadHDというコンビは
素晴らしかったでしょうに・・。
ま、FULL HDも十分鮮明なんですけどね。
卓越したIPSスクリーンのお陰で屋外の日差しの下でも
明るいですし、彩度も高い方なのでカラーが鮮やかに映ります。
この大画面でYoutube動画を見たりゲームをプレイしたり
するのは普通に楽しいです。
ただ、先程述べたように17:9という通常とは違う
画面比のせいで動画を見る時やゲームをする際、
左右に黒い空白が出来ることがあります。
フル画面にしちゃえば問題はないんですけど、
フル画面に出来ない場合もあるため、その時は
目障りと感じるかもしれません。

 

 

 

前面部全体を覆うベゼルレススクリーンは新鮮ですし、
ユニークですし、かっこいいと思うのですが、残念ながら
使ってみると不便な点を幾つか探すことができます。
まず受話器が内部にあることです。側面に置くわけにも
いきませんし、下面部も埋まってしまっているため、
受話器のスピーカーを入れる場所を外部では探せなかったようです。
苦悩の末にXiaomiが考えたのは、セラミックの内部に振動型の
受話器用スピーカーを埋めることでした。聞いてみると
確かに内部から音が聞こえてきます。でも普通のスピーカーのような
音量は出ないため、周囲がうるさい環境では
相手の声が聞きづらいと思います。だからその場合は
イヤホンを使用するしかないでしょう。
ソナーセンサーに代えられた近接センサーは上手く
作動するので全く問題ないのですが、
右下へ移動したカメラは撮る度に筐体を逆さまにする
必要があるので少し不便に思えました。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:性能(ハードウェア)

 

 

 

Xiaomi Mi MixにはSnapdragon 821プロセッサーと
4GB、又は上位モデルの場合6GBメモリが搭載されています。
現最高のスペックの一つであるため全ての動作がスムーズであり、
カクカクする場面は一切見られません。勿論、重いアプリや
最新3Dゲームなども難なく実行できますし、
アンドロイド上に設置されているMIUIインターフェースも快適です。
ストレージも頼もしいです。基本モデルが128GB、
上位モデルの場合256GBも利用できるので
MicroSDカードスロットが無いことを惜しむ必要は
なさそうです。

 

 

 

 

 

 

下面部にあるスピーカーはステレオではありませんが、
並以上のクオリティを見せてくれます。
これも周囲がうるさいとちょっと聞きづらく
なる時がありますが、室内なら大丈夫でしょう。
音質もV20程ではありませんが、高低音ともに
安定した音を響いてくれます。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:バッテリー

 

 

 

4400mAhという大容量バッテリーはMi MIXの自慢の一つです。
容量が大きいのでUSB-Cポートを使った高速充電でも
フル充電まで3時間以上かかりますが、
一度溜めたら自分のようなライトユーザーなら
二日、三日も使えたりします。
ヘビーユーザーでも一日は問題ないでしょう。
まぁ・・6.4インチという大画面なのにここまで
バッテリーが耐えてくれるのは、ディスプレイの
解像度がフルHDである影響が大きいと思いますが・・・。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:カメラ

 

 

 

Mi MIXの背面には16メガピクセルf/2.0口径センサー
カメラが、前面には5メガピクセルが配置されています。
手ブレ補正機能が光学式ではなく電子式であるため、
メインカメラは突っ張ってなく、平らです。
全体的な感想は、メインカメラもサブカメラも
平均以上ではありますが、Galaxy S7 EdgeLG V20
Google PixeliPhone 7 Plusのようなトップカメラには
及ばないということです。普通に撮ると鮮明なんですが、
ズームインしてみると細かい所が曖昧になっているのが
わかります。オートフォーカスもシャッタースピードも
カラー再現もカメラアプリのクオリティも平均よりは上、
といった所で、前述したスマホカメラのような
インパクトはありませんでした。
そしてやっぱり前面カメラを撮る度に逆さまにするのは
面倒くさいです。画像や動画の質もあっと驚くような
要素はなく、無難と言えます。室内などの暗い場所だと
クオリティが落ちますが、4K動画までサポートする
動画性能は静止画撮影性能よりも全体的に優れているようで、
どんな環境でも安定した結果を残してくれました。

 

 

 

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 

 

Xiaomi Mi MIXにはAndroid 6.0.1をベースとした
MIUIインターフェースが設置されています。
Nexus 6PやGoogle Pixelにインストールされている
純正アンドロイドと似ていますが、全く同じとも
言えません。画面の構成やランチャー、アイコンの
デザイン等が少しずつ異なります。また、
アプリ箱(ドロワー)がなく、クイックボールという
手軽に色んな機能を実行できる機能を提供します。
慣れると便利ですが、慣れるまでは少々時間がかかるかも。

 

 

 

 

 

 

尚、中国製スマホにのみ存在するデュアルアプリ機能を
提供します。これは一つのアプリに違うアカウントで
接続できる機能です。Facebookで例えますと、
普通にFacebookにログインした後、デュアルアプリボタンを
ONにするともう一つのFacebookアイコンが現れます。
それを通してまた違うアカウントで接続できるわけです。
個人的にはなぜこんな機能があるのかわかりませんが・・・。
必要な人には必要なのでしょう・・。

 

 

 

 

 

 

アンドロイド7.0へのアップデートはまだ行われていまんし、
Xiaomiもそこまでアップデートに積極的なメーカーではありません。
ですが、2017年の上半期中にはアップデートが配布されると
一般的に予想されています。

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:購入先

 

 

 

現在Xiaomi Mi MixはエクスパンシスでSIMフリー端末が
販売されています。アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

Xiaomi Mi MIXレビュー感想評価評判:結論

 

 

 

Xiaomi Mi MIXはベゼルレスという稀に見る
ユニークなデザインを採用しています。
かっこいいし、おしゃれですし、大きいですし、
手に持っていると周囲の人に注目を浴びること
間違いなしです。
それ程独特なスマートフォンであり、もしかすると
遠くない未来には皆がこのようなスマホを持ち歩くことに
なるかもしれません。
ですが、それに伴う副作用が少なくないため、
今の時点ではやや時期尚早なのではないかと思います。
まず、内蔵された受話口用振動スピーカーの
音量が弱く、上手く機能していると言えません。
また、専用カバーが提供されるものの、指紋認証が不便、
使わない場合は指紋が残りやすいし、
表面がつるつるなので使用中に落としてしまう可能性があります。
それに、採用されたセラミックは割れやすい素材です。
悪くはないものの、トップクラスには入れない
背面カメラや右下部に配置され逆さまにする必要がある
前面カメラも短所と呼べます。価格も決して安いとは
いえないので、このデザインが物凄く気に入っているのでなければ、
よりバランスの取れた端末を選んだ方が良いと思います。
(記事作成日:2017-02-06)






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

Apple Watch Series 3の全て!スペック,価格,最新情報まとめ

iPhone 8とiPhone X発表!価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy Note 8のすべて!スペック、価格、最新情報まとめ

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, その他 タグ: , , , , , , , パーマリンク