ZTE Blade V6レビュー感想評価評判(価格):お得感満載

 

Blade V6は中国のメーカー、ZTEが製造した
ミッドレンジ型格安スマートフォンです。
ZTEはあまり日本では知られていませんが
海外では評価が高く、高いシェアを占めています。
そんなZTEが今回作ったのは一体どのような
スマホなのでしょうか?
これからじっくり調べてみます。

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 
CPU:MT6735 Quad-core 1.3GHzプロセッサー
OS:Android 5.0 Lollipop(アンドロイド5.0ロリポップ)
ディスプレイ:5インチIPS液晶720*1280 HDスクリーン
メモリ容量:2GB RAM
ストレージ:16GB(32GBまでmicroSDスロットを通して拡張できます。)
カメラ:1300万画素メインカメラ、500万画素サブカメラ
バッテリー容量:2200mAh
面積:142*69.5*6.8mm
重さ(重量・質量):122g
SIMサイズ:スロット1:microSIM
スロット2:NanoSIM(日本国内では使用できないGSM専用なので
海外で使うかマイクロSDカードスロットとして使うことになります。)
カラーバリエーション(カラバリ):シルバー/グレー
その他:NFC未対応

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:デザイン

 

 
ZTE Blade V6は格安スマホなのにアルミ合金を
採用していることで注目を集めていますが、
全てがアルミ合金なわけではありません。
カメラモジュールとスピーカー付近には
プラスチックが採用されていて、メタル素材が
使用されているのは側面と裏面だけです。
それもプラスチックに塗装して金属感を出したようなもので、
アルミ合金を採用した割には高級感はあまりないです。
しかし、これは賢い選択なのかも知れません。
おかげで軽いし(122g)、薄いし(6.8mm)、
コストも軽減できちゃいます。
さらに高級感はないですが、デザイン自体はスタイリッシュです。
どこかの6Sモデルを連想させたりもするようですが・・。
気のせい気のせい。
ま、とにかく、親しみのあるデザイン(?)なので
誰にでも受けはいいはずです。

 

 
背面には通常のアルミ合金に比べて1.5倍の強度を
持つと言われる6013アルミニウム合金が採用されました。
なら、前面は?
前面を覆っているのは・・普通のガラスです。
感触はつるっつる。無難・・と言えるでしょう。
本体のエッジは丸みを帯びていて、軽いけど
握ると手のひらにしっかりフィットします。
これがなかなかいい感じ。
全体的にプラスチック+メタルということで
製品の完成度が高く、頑丈な印象を受けます。
ボタンの配置は右側面に音量と電源キー、
左側面にSIMスロット、上部にイヤホンジャック、
下部にmicroUSB端子となっています。

 

 
SIMスロットはデュアルということですが、
今までレビューしたZenfoneシリーズ(Zenfone 2,
Zenfone 2 Laser, Zenfone Selfie)や
Huawei Honor 6 Plusと同様、 片方のスロットは
GSM専用SIMスロットのため、GSM回線のサービスを提供している
国や地域でしか利用できません。日本国内で使用する場合は、
スロット1にmicroSIMカードを差し込む必要があります。
また、スロット2でnanoSIMを使用する場合は
SDカードを利用できないです。これは困る。
だから特殊なケースを除けば日本国内で
デュアルSIMの恩恵を受けることは難しいと思います。

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 
ZTE Blade V6は5インチ型1280*720ドット解像度
IPS液晶ディスプレイを搭載しています。
個人的には720Pだと物足りなさを感じますが、
Blade V6は格安スマホ/ミッドレンジ型という
位置づけなので無難な選択なのかも知れません。
ホーム画面は1080PフルHDと区別がつかないくらい
クリアです。高画質映画なんかをみるときも、
720Pらしからぬ鮮明さを感じます。
視野角も広い方で、タッチのレスポンスも速やかでした。
ただ、最大にしてもそんなには明るく見えない
輝度は気になる所です。
直射日光の下では文字が読みづらく、
室内の方が断然見やすいです。

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:性能(パフォーマンス)

 

 
ZTE Blade V6には64bitでクアッドコアのMediaTek MT6735
プロセッサーと2GB RAMが内蔵されています。
UI操作、画面転換、スクロール、ウェブ閲覧など、
基本的な動作は全て快適です。
唯一レスポンスが若干にぶくなったのがマルチタスクですが、
ストレスを感じる程ではありませんでした。
ゲームパフォーマンスも想像していたより良かったです。
グラフィックカードが最新鋭とはいえない
Mali-T720だったのであまり期待してなかったのですが
(Blade V6の値段も値段ですし)ストレージの
読み込む速度が他機種より速いせいか
最新ゲームも意外とスムーズにプレイできました。
勿論、一部3Dゲームはグラフィック設定を
中間程度に下げる必要があったのですが・・・。
「Angry Birds」みたいなカジュアルなゲームは
難なくこなしてくれます。

 

 


 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:サウンド

 

 
スピーカーの性能はまーまーでした。
音量も音質もパッとしません。低音も軽い印象です。
一応設定でバースの音を強調できるのはできるのですが・・。
それでも音楽を鑑賞する時はヘッドホンを
付けた方が良さそうです。

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:バッテリー

 

 
バッテリーは悪くはないのですが、大して良くもないです。
普通・・・といった所でしょう。
ライトユーザーなら少なくとも一日は問題ないでしょう。
ヘビーユーザーなら・・ちょっと微妙かも知れませんね。
どの端末もそうですが、ゲームをプレイしたり
映画を見るとベッテリーの減り具合が激しくなるので。
ちなみに筆者の場合は、1080pフルHD動画を
再生したらバッテリー残量が2時間で
30%ほど落ちました。
なので動画の場合、トータルで約7時間程度連続で
視聴できると思います。

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:ソフトウェア

 

 
ZTE Blade V6にはAndroid 5.0 Lollipop
(アンドロイド5.0ロリポップ)とZTE独自の
インターフェース(MiFavor 3.0)が設置されています。
やや癖のあるSAMSUNG, LG, SONY, HTC UIと違って、
ZTE UIはNEXUS 5XNEXUS 6Pに採用された
純正アンドロイドとかなり似ています。
違いと言えば、アプリドロワーとも言われる
アプリ箱が無いことくらいでしょうか・・。
この点はHuaweiのEmotion UIと似ています。
そしてiOSとも・・。
(見た目も中身も某果物社の某ホンと似てるって、一体・・)
従ってホーム画面も爽やか風味で直感的。
使いやすいです。

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:カメラ

 

 
ZTE Blade V6には13メガピクセル背面カメラと
5メガピクセル前面カメラ、そしてデュアルLED
フラッシュが装備されています。
スペックだけ見るとかなりいい感じですが、
残念ながら実際の性能はXPERIA Z5やIPHONE 6S、
NEXUS 6Pのようなプレミアムフォンには及びません。
光が充分な場合はディテールな部分まで
ちゃんと写してくれます。鮮やかですし、
拡大してもクリアです。
しかし暗い場所だとそのクオリティは著しく
落ちます。フラッシュを使うとちょっとは
マシになりますが、それでもぼやけてる部分を
簡単に見つけることが出来ます。

 

 
前面カメラは解像度こそ背面カメラに劣りますが
光が充分な明るい場所では悪くない画像を
撮ってくれます。しかしこれも暗い場所だと
クオリティがガクンと落ちるのは同じ。

 

 
動画録画は背面カメラの場合フルHDまで可能で、
鮮明かつスムーズなパフォーマンスを見せてくれます。
前面カメラは640*480ドットまで。
両方とも軽い動画撮影、ビデオチャット用としては充分でしょう。
カメラ機能は被写体の動きを追いかけて撮影し、
1枚の静止画にすることのできるストロボシューティング、
自動で写真をきれいに撮影してくれる美肌モード、
簡単な操作で360度のパノラマ撮影が可能な
オートパノラマなど、豊富です。

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:販売先(価格・値段)

 

 
値段は現在2万円台後半という価格帯となっています。
通信会社の中ではDMMモバイルU-mobile
ZTE Blade V6をセット販売しています。
SIMフリー端末やアクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

 

ZTE Blade V6レビュー感想評価評判:結論

 

 
もしこのスマートフォンが8万円台、
または9万円台の高価端末なら
誰にもおすすめすることはできなかったでしょう。
普通に「アイフォン買いなさい!アイフォン!
中国でバカ売れてるんだって!」とか言いながら
片付けていたところですが・・・。
この端末が2万円台の激安スマホであることを
忘れてはいけません。
格安スマホの割にはBlade V6は高性能で、
UI動作はサクサク、アプリの起動もスピーディー、
ゲームパフォーマンスも高い方です。
さらに高級感はあまりないものの
メタルチックでオシャレな外観をもっています。
それに軽くて薄い。
それだけでなく、最近のプレミアムフォンには
あまり見られないマイクロSDカードスロットが
装備されているのでストレージ容量の拡張も可能です。
なのに価格は2万円台。お得感満載です。
720Pディスプレイ、平凡なサウンド、
暗所だと急激にパフォーマンスが落ちるカメラさえ
気にならなければ、お手頃価格で無難な
アンドロイドフォンを探している人に
おすすめの一品です。






*スポンサードリンク*







最新記事

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

全体記事を見る





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

Apple Watch Series 3の全て!スペック,価格,最新情報まとめ

iPhone 8とiPhone X発表!価格,スペック,最新情報まとめ

Galaxy Note 8のすべて!スペック、価格、最新情報まとめ

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事, ZTE タグ: , , , , , , パーマリンク